映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

実話もとにした「野球部員、演劇の舞台に立つ!」公開、渡辺佑太朗や林遣都が出演

141

「野球部員、演劇の舞台に立つ!」

「野球部員、演劇の舞台に立つ!」

竹島由美子によるノンフィクション「野球部員、演劇の舞台に立つ!」が映画化。2018年2月24日より東京・ユーロスペースほか全国で順次公開される。

「あつい壁」「風のあるぺじお」の中山節夫が監督した「野球部員、演劇の舞台に立つ!」は、福岡県南部の強豪・八女北高校野球部を舞台とする作品。まさかの県大会予選1回戦での敗退をきっかけにチームがギクシャクする中、監督はエースを含む中心選手に、男子部員不足で悩む演劇部へ行くよう指示をする。反発する選手たちだったが、やがて思いもよらぬ事実を知ることに。「飛べないコトリとメリーゴーランド」「人狼ゲーム プリズン・ブレイク」の渡辺佑太朗が主演を務め、林遣都宇梶剛士宮崎美子らが脇を固めた。

公開決定にあたり、中山は「子どもたちには、机の上の勉強だけでなく、泥だらけになって個性を出してもらいたい、という願いを込めて映画を作りました」とコメント。原作者の竹島も「生徒たちが戸惑いながらも互いに認め合い、そこに生じたかけがえのない青春が八女の自然の中で描かれていく、それが楽しみでわくわくしています」と話している。

(c)2017 映画「野球部員、演劇の舞台に立つ!」製作配給委員会/京映アーツ/コチ・プラン・ピクチャーズ

映画ナタリーをフォロー