映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「刑事ゆがみ」神木隆之介、テキトーすぎる浅野忠信に「ちゃんと捜査してください」

1478

左から浅野忠信、神木隆之介。

左から浅野忠信、神木隆之介。

連続ドラマ「刑事ゆがみ」の完成披露試写会が、本日10月10日に東京のユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて開催され、浅野忠信神木隆之介山本美月仁科貴橋本淳稲森いずみが登壇した。

「刑事ゆがみ」は井浦秀夫の同名マンガをもとにした刑事ドラマ。犯罪者の心を読める刑事・弓神適当(ゆがみゆきまさ)と、上昇志向と正義感の強い後輩刑事・羽生虎夫が難事件を解決していく。

民放連続ドラマ初主演となる浅野は、“テキトーでだらしないが、捜査に関しては天才的な刑事・弓神”という自身の役紹介を聞いて「そういう役なんだなって、今聞いてわかってきました。まだ模索中でした、すみません」と弓神顔負けのテキトーぶりを見せる。さらに“適当”という弓神の名についても「ずっとなんて読むんだろうと思いながら(宣伝用の)インタビューも受けてて……」と告白し観客を驚かせる。バディとなる神木については「神木くんがいなかったらどうにもなんないですね。神木くんだけで全部やってもらえないのかな……できれば出番を少なくしてもらえれば」と消極的に話し、本人から「いやいやいや、ちゃんと捜査してください!」とツッコミを受けた。

スーツ姿を見たファンから「カッコいい!」と声援を受けた羽生役の神木は、「うれしいですね、スーツ着ただけで褒められるなんて」とまんざらでもない表情に。「今までは就活生みたいな役でスーツを着ることが多くて、役でちゃんと就職したことがなかったので。でも刑事は毎日本当に大変ですね。何々罪とか、現行犯でなんとかかんとかとか……言い慣れないセリフばっかりで難しいです」と苦労を語る。それを聞いて「僕はそのへん全部羽生に任せちゃってるので。アクションもないし、大変なセリフもない」と笑う浅野は、神木に「弓神さんにも走ってもらいますよ、絶対!」と迫られ、「それはもう……本当に……(笑)」とタジタジの様子だった。

男勝りな係長・菅能役の稲森は、第1話で弓神に豪快な蹴りを入れている。浅野が「アドリブでいきなり蹴られて、ああそういう人なんですねって思いました」とボケると、稲森は「台本にありました!」とすかさず否定。現場での稲森のキックを再現することになると、なぜか浅野がポケットから寿司の食品サンプルを取り出し、「おい羽生、寿司食うか? あの女に黙って食っちゃおうぜ」と神木とともに小芝居を始める。「おい弓神、羽生、何やってんだよ!」というセリフとともに稲森に蹴りを入れられ、浅野は「今の、本番より強かった……」とコメント。また多々木役の仁科と町尾役の橋本も「1回蹴られてみたいって飲み屋で相談してたんです」と名乗りを上げ、稲森の「何やってんだよこの野郎!」という罵声を正座で受け止めていた。

敏腕ハッカー・ヒズミ役の山本は、初共演した浅野の印象を「怖いかなと思ってたんですけど、気さくに話しかけてくださって楽しいです」と話す。それを聞いた浅野は、昨日行った子役たちとの撮影を回想し「小さい女の子がずっと僕の顔を見ていたんですね。『どうしたの?』って聞いたら、『不審者みたい』って言われました。よっぽど怖かったみたいですね」と笑いを起こした。

また作品タイトルにちなみ「この中で一番ゆがんでいる人は?」という質問が投げかけられると、本人を含め登壇者たちは一斉に浅野を指差す。しかし山本は「私は、羽生(だと思う)。浅野さんのこと好きなので、裏切らないです」と役柄上“裏バディ”にあたる浅野をかばい、神木に対しては「だって変だよね?」と問いかける。「同感!」と便乗した浅野は、神木から「さっき自分指してたじゃん!」と問い詰められると「気を使ったの。本当にゆがんでるから、指しちゃったら駄目かと思って」とジョークを飛ばす。「いいの? 今日までは神木くんのことゆがんでると思ってなかったファンも、『あいつ最低なんだな』って言うよ?」と浅野から弁解を求められた神木は、「全然いいっすよ?」とひょうひょうと答えた。

最後の挨拶では浅野が「僕自身、かなりいい加減にやっちゃってるのですが、そこは勘弁していただきたい。なにしろ羽生が全部がんばってくれるので、弓神のいい加減さはほっといてもらって、最後まで観ていただけたら」とアピール。最後に主題歌を担当するWANIMAもステージに登場し、キャストらとともにフォトセッションを行った。

「刑事ゆがみ」はフジテレビ系にて毎週木曜22時から放送。10月12日オンエアの第1話は15分拡大版となる。

(c)フジテレビ

映画ナタリーをフォロー