映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

玉木宏主演「悪と仮面のルール」ポスター到着、主題歌はUruが担当

1484

玉木宏の主演作「悪と仮面のルール」の公開日が、2018年1月13日に決定。あわせてポスタービジュアルと、主題歌の情報が解禁された。

本作は、中村文則の小説をもとにしたサスペンス。思いを寄せる女性を救うため実父を殺害後、整形し別人として生きていく主人公・久喜文宏に玉木が扮し、新木優子、吉沢亮、中村達也、光石研、村井國夫、柄本明が共演に名を連ねる。

公開されたポスタービジュアルは、文宏の姿が捉えられたもの。なお明日10月7日より、玉木の出演シーンを収めたポストカード3枚付きのムビチケカードが販売される。

そして主題歌に決定したのは、Uruの「追憶のふたり」。これは本作のために書き下ろされたもので、Uruは「『悪と仮面のルール』の世界と一体となれるような曲になってくれたら嬉しいです」と、監督の中村哲平は「これは、単なる映画の主題歌ではないです。この曲は映画の一部であり、この曲でなければ映画は完成しなかった。素晴らしい楽曲です」とコメントを寄せた。

「悪と仮面のルール」は、東京・新宿バルト9ほか全国でロードショー。

Uru コメント

「悪と仮面のルール」は、その世界にどっぷりと浸かり自分なりの解釈をしてみたり登場人物の心情を悟ろうとしたり、人が人である人間らしさを嫌でも感じるような、それでいてラブストーリーでもある、とてつもなく深みのある作品だと感じました。
主題歌を歌わせて頂くにあたり、それを壊さぬよう曲や歌詞などを考えさせて頂きました。「悪と仮面のルール」の世界と一体となれるような曲になってくれたら嬉しいです。

中村哲平 コメント

初めてデモを聴いた時に鳥肌が立ちました。今回の曲は、事前にUruさんにも映画を観て貰い、打ち合わせをしてから曲を作って貰いました。映画の中で描きたかった、もう一つの側面を込めるという事で。そして、彼女が作り上げた世界は本当に素晴らしかった。Uruさんの持っている透明感、純粋さ、切なさを伴う歌声、そして歌詞。これは、単なる映画の主題歌ではないです。この曲は映画の一部であり、この曲でなければ映画は完成しなかった。素晴らしい楽曲です。

(c)中村文則/講談社 (c)2017「悪と仮面のルール」製作委員会

映画ナタリーをフォロー