映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「咲-Saki-」実写化第2弾始動!阿知賀編がドラマ&映画に

75

麻雀マンガ「咲-Saki-」の実写化プロジェクト第2弾が始動することがわかった。

このたびドラマと映画の製作が決定したのは、月刊少年ガンガンで連載された「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」。これは「咲-Saki-」のスピンオフ作品で、主人公の中学生・穏乃が、親友だった天才麻雀少女・原村和と再戦するため、麻雀の全国大会を目指すさまが描かれる。12月に全4話の深夜ドラマが放送されたあと、2018年1月に映画が封切られる。なおキャストは後日発表されるのでファンは楽しみに待とう。

原作を手がけた小林立は「阿知賀編が実写化します! 長野編と同じスタッフさまらしいので楽しみにしています」と、作画を担当した五十嵐あぐりは「穏乃のジャージは!? ギバード桜子はどうなってしまうのか!? ワクワクがとまらないっ!」とそれぞれコメント。そして前作に引き続き監督を務める小沼雄一は「『咲-Saki-』の底知れぬ魅力に、実写版が少しでも近づけるよう精進あるのみです」と意気込んだ。

小林立 コメント

阿知賀編が実写化します!
長野編と同じスタッフさまらしいので楽しみにしています。
長野編の実写化では色々と漫画に近づけてもらってとてもありがたかったのですが、
そのために私の無茶なデザインがネックになってしまっていて、
本当に関係者の皆様方に申し訳ない!という感じだったので
もうあのような「嬉しいけど心苦しい」感じは味わいたくない!
ということで阿知賀編の実写版では服装も髪型も現実にありそうな範囲で普通にとお願いしました。

五十嵐あぐり コメント

多少なりとも、関わらせていただいた作品が実写化するのは初めてなのでドキドキしております。
穏乃のジャージは!? ギバード桜子はどうなってしまうのか!? ワクワクがとまらないっ!

小沼雄一 コメント

前作に引き続き「咲-Saki- 阿知賀編」実写版の監督を務めさせていただくことになり、
大変光栄であると同時に前回以上のプレッシャーを感じています。
漫画「咲-Saki-」の底知れぬ魅力に、実写版が少しでも近づけるよう精進あるのみです。

(c)Ritz Kobayashi/SQUARE ENIX (c)Aguri Igarashi/SQUARE ENIX

映画ナタリーをフォロー