映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

浜辺美波、浅川梨奈、廣田あいかが「咲-Saki-」イベントでパイ投げならぬ牌投げ

521

劇場版「咲-Saki-」完成披露上映会の様子。

劇場版「咲-Saki-」完成披露上映会の様子。

劇場版「咲-Saki-」の完成披露上映会が本日1月18日、東京・TOHOシネマズ 日本橋にて行われた。

小林立のマンガを原作とする「咲-Saki-」は、麻雀に打ち込む女子高生たちの姿を追うスポ根もの。清澄高校の麻雀部に所属する咲と和がインターハイの頂点を目指して奮闘するさまが描かれる。

本編上映前の舞台挨拶にはキャストの浜辺美波浅川梨奈SUPER☆GiRLS)、廣田あいか(私立恵比寿中学)、古畑星夏山田杏奈岡本夏美あのゆるめるモ!)、永尾まりや佐野ひなこ、監督の小沼雄一が登壇した。主人公の咲を演じた浜辺は「主演ということですごく緊張していたんですけど、キャストやスタッフの皆さんに支えていただき、無事にこの日を迎えることができました。(撮影中の)1カ月間は本当に幸せでしたし、みんなのことが大好きです」と感無量の様子。また、古畑が浜辺について「こんなにかわいくてマシュマロちゃんみたいな子なんですけど、食事中ずっとコーラを飲んでるんですよ。ギャップが印象的でした」と明かすと、浜辺は恥ずかしそうな表情を浮かべる。

撮影中のエピソードを聞かれた浅川は「部室のシーンを撮っていたとき、夜は照明器具を使っていたんですけど、その光にカメムシが大量に寄ってきて。しかもスタッフさんが踏んじゃって、強烈な臭いの中、2日間撮影をしました」と吐露。スパルタコーチ・久保貴子役の佐野は「私はセリフのあるシーンが少なくて、撮影も2日間くらいだったんです」と振り返り、「生徒役の皆さんが仲良くなっている中に突然私が入っていってビンタをするという(笑)」と述べ、観客の笑いを誘った。

イベントでは、登壇者たちがパイ投げならぬ牌投げも実施。浜辺が「(ステージから見て)奥を目指します!」と宣言し、うまく腕を振りながら観客席めがけて牌を投げると、会場からは大きな歓声が上がった。

浜辺は「今日はこんなにたくさんの方に来ていただいて本当にうれしいです。上映が終わったらみんなでエゴサーチをするので、Twitterに感想を載せていただければと思います」と無邪気に語り、イベントの幕を引いた。

「咲-Saki-」は2月3日より全国にてロードショー。

(c)小林 立/SQUARE ENIX・「咲」プロジェクト (c)Ritz Kobayashi/SQUARE ENIX

映画ナタリーをフォロー