映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「リングサイド・ストーリー」佐藤江梨子と瑛太が武尊の演技を絶賛「嫉妬する」

194

「リングサイド・ストーリー」完成披露上映会の舞台挨拶の様子。

「リングサイド・ストーリー」完成披露上映会の舞台挨拶の様子。

佐藤江梨子瑛太がダブル主演を務める「リングサイド・ストーリー」の完成披露上映会が本日9月6日に、東京・新宿FACEで行われた。

本作は売れない役者ヒデオと彼の恋人カナコを中心とする人情喜劇。瑛太がヒデオ、佐藤がカナコを演じ、「百円の恋」で知られる武正晴がメガホンを取った。上映前の舞台挨拶にはキャストの佐藤、瑛太、有薗芳記武尊(たける)、黒潮“イケメン”二郎、監督の武、総合司会として関根勤が登壇した。

本作に出演したきっかけが、昨年末に忘年会で武と会ったことと話す佐藤は「『百円』の監督って自己紹介されたんですけど、いやいやそんなに安くないですって(笑)」と述懐。「売れない役者のダメ男を演じていかがでしたか?」と問われた瑛太は、「演じてるときは、大胆でピュアだし、役作りも怠らない役者としてはすごいやつだと思ってたんですけどね。端から見たらやっぱりダメ男ですか(笑)」と自身の印象と宣伝方針のギャップを冗談交じりに語る。

劇中でK-1選手・カズキを演じた、武尊の芝居ついて話が及ぶ。映画への出演が初めてとは思えないという武尊の演技に一同驚いたようで、瑛太は「ほかの俳優さんが嫉妬するぐらいうまくて。本当になんかの新人賞獲ると思います」と。武は「役者が見たら、ヤバいと感じるんじゃないか」、佐藤は「この映画で一番得してるの武尊さんですよ」と立て続けに絶賛の声が飛ぶ。これに武尊は「そんなにハードル上げないでください」と照れた様子で笑みをこぼした。

続いて元プロボクサーの亀田興毅、本作に一瞬だけ出演している亀田大毅がサプライズ登壇し、佐藤と瑛太に花束を贈呈するコーナーも。亀田興毅は「格闘技の裏側っていうのを、これだけリアルに描いてる映画は、自分も知らないぐらい。この映画を観たあとにまたK-1、WRESTLE-1、そしてボクシングを見たら、見方が変わると思う」と元格闘家ならではの視点で映画を語った。亀田兄弟に続き、本作に本人役で出演した武藤敬司もサプライズで登場。おなじみのプロレスLOVEポーズを決め、会場を盛り上げる。相米慎二の「光る女」で主演を務めた経験がある武藤は、俳優の視点から後輩である黒潮の演技について「俺も相米さんの映画で主演やってるけどね。まだまだプロレスでは負ける気しないけど、芝居では負けました」と。黒潮は「初めて褒められました」と満面の笑顔で答えた。

イベントも終盤、武は「偶然なんですけど、実は新宿FACEが『百円の恋』の撮影地でして。最後の試合をここで撮ったんです。だからここに戻ってこれたのが、不思議な気持ちで。とても感動しています」と語りイベントは幕を閉じた。

「リングサイド・ストーリー」は、10月14日より東京・新宿武蔵野館、渋谷シネパレスほか全国にてロードショー。

(c)2017 Ringside Partners

映画ナタリーをフォロー