映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「バットマン」ジョーカーの誕生描く作品が企画進行中、M・スコセッシも製作で参加

280

「ダークナイト」より、ヒース・レジャー演じるジョーカー。(写真提供:T.C.D / VISUAL Press Agency / ゼータ イメージ)

「ダークナイト」より、ヒース・レジャー演じるジョーカー。(写真提供:T.C.D / VISUAL Press Agency / ゼータ イメージ)

DCコミック「バットマン」シリーズに登場する悪役キャラクター、ジョーカーを主人公とした映画の企画が進行中。「ハングオーバー!」シリーズのトッド・フィリップスがメガホンを取り、マーティン・スコセッシがプロデューサーとして参加するとIndiewireなどが報じた。

米ワーナー・ブラザースとDCが企画する本作では、ジョーカーの誕生にまつわる物語が描かれる。「8Mile」の脚本家スコット・シルヴァーとともにフィリップスが脚本を執筆中。スコセッシが監督した「タクシードライバー」や「レイジング・ブル」のような1970年代後半から1980年代初頭の雰囲気を想起させる作品になるという。

過去にジャック・ニコルソンやヒース・レジャーといった俳優が演じてきたジョーカー。2016年公開作「スーサイド・スクワッド」ではジャレッド・レトが起用された。本作のジョーカー役には別の俳優が新たにキャスティングされる。

なお7月に開催されたコミコン・インターナショナルでは、ワーナー・ブラザースより「スーサイド・スクワッド」の続編「Suicide Squad 2(原題)」の製作が正式に発表された。

(情報提供:Indiewire.com / IFA / ゼータ イメージ)

映画ナタリーをフォロー