映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「東京喰種」窪田正孝の淹れたコーヒーを選ばれし来場者が味わう

849

「東京喰種 トーキョーグール」公開直前イベント。左から柳俊太郎、桜田ひより、窪田正孝、白石隼也。

「東京喰種 トーキョーグール」公開直前イベント。左から柳俊太郎、桜田ひより、窪田正孝、白石隼也。

本日7月20日、東京・寺田倉庫にて「東京喰種 トーキョーグール」の公開直前イベントが行われ、キャストの窪田正孝桜田ひより白石隼也柳俊太郎が出席した。

石田スイの同名マンガを萩原健太郎が実写化した本作は、人を食らう怪人“喰種(グール)”がはびこる東京を舞台にしたダークファンタジー。

参加者と同じ白いマスクを着用した4人がサプライズで登場すると、参加者たちから歓声が上がる。主人公カネキを演じた窪田は「マンガの世界観を映画にするのは難しいので、自分を消すところから始めます。カネキは保守的な役柄なのでそれはすごく徹してました」と役作りに関して語り、「僕は現場で何もしてないのでしゃべる権利はないです」と謙遜する。白石に「頼もしい座長でしたね」と言われた窪田は「あとでお肉を……」と返し、笑いを誘う。

原作の大ファンだという桜田は「不思議な世界観に入ることはなかなかないのですごい貴重な経験でした」と述懐し、劇中での食事シーンについて「見た目のインパクトはすごいけど食べてみるとおいしいです」と明かした。白石は窪田とのアクションシーンを振り返り「刺激的でほんと楽しかったです」とコメントし、柳は「喰種に食料を与えるシーンは原作で『カッケー!』って思ってたんでやれてよかったです」と満足そうに話す。

続いて、喰種が人肉以外で唯一口にできるものがコーヒーであることから、司会のお笑いコンビ、コーヒールンバの平岡佐智男がコーヒーを淹れてキャストに振る舞うことに。そのあとで窪田が「“の”の字を書くんですよね」と言いながらお湯をそそぎ、会場から選ばれた来場者は窪田が淹れたコーヒーを味わった。

最後に窪田は「人間の本質をすごく突き詰めたメッセージがある。周りの人に生かされていることとか、自分が困ったときに助けてくれる人は誰なんだろうとか感じさせてくれる作品。2時間のエンタテインメントとしてすごく楽しめます」とアピールし、イベントの幕を引いた。

「東京喰種 トーキョーグール」は、7月29日より全国でロードショー。

※柳俊太郎の柳は木へんに夘が正式表記

(c)2017「東京喰種」製作委員会 (c)石田スイ/集英社

映画ナタリーをフォロー