「ブレードランナー 2049」R・ゴズリングとH・フォードが対峙する新写真

79

リドリー・スコットが製作総指揮を務め、ドゥニ・ヴィルヌーヴがメガホンを取った「ブレードランナー 2049」の新場面写真が解禁された。

「ブレードランナー 2049」新場面写真

「ブレードランナー 2049」新場面写真

大きなサイズで見る(全11件)

「ブレードランナー 2049」ポスタービジュアル

「ブレードランナー 2049」ポスタービジュアル[拡大]

スコットが監督した前作「ブレードランナー」から30年後の世界を舞台にした本作。人造人間“レプリカント”の暴挙を阻止する捜査官リック・デッカード役でハリソン・フォードが続投し、ライアン・ゴズリング、ロビン・ライト、ジャレッド・レトらが出演する。

「ブレードランナー 2049」

「ブレードランナー 2049」[拡大]

このたび解禁された写真は、ゴズリング演じる新人ブレードランナー“K”とデッカードが真剣な面持ちで対峙しているもの。フォードは「この世界に戻ってこられてうれしい。30年後(のデッカード)を演じるのはすごく面白かったし、昔の服がピッタリだったのもうれしかったよ。時を経てキャラクターを作り上げていくことはとてもやりがいがある」と語る。さらに「デッカードとほかのキャラクターの関係性がとても魅力的だ。『ブレードランナー 2049』では進化したテクノロジーとその社会的影響についても語られている。ストーリー、舞台、キャラクターが興味深く融合しているよ」と述べた。

「ブレードランナー 2049」

「ブレードランナー 2049」[拡大]

ゴズリングは「ハリソン・フォードがセットにいなくても、常にそこにいるかのような存在感を感じたよ。ヴィルヌーヴ監督がチームに向かってときどき言うんだ。『ハリソンがそこに座っているとしよう。彼は満足するかな?』って」とフォードについてコメント。一方フォードは「ライアンは生まれながらの感情的知性を持っていて、彼と仕事ができるのは喜びだった。ライアン、そしてヴィルヌーヴ監督と仕事をして、とても満足のいく経験ができたよ」と、ゴズリングとヴィルヌーヴを称賛している。

「ブレードランナー 2049」は10月27日より全国ロードショー。

この記事の画像(全11件)

関連記事

ライアン・ゴズリングのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ブレードランナー 2049 / ライアン・ゴズリング / ハリソン・フォード / ドゥニ・ヴィルヌーヴ / リドリー・スコット の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。