映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「東京喰種」イベント、窪田正孝を石田スイが絶賛「実写化するならこの人がいい」

264

「東京喰種 トーキョーグール」キックオフイベントに登壇した窪田正孝。

「東京喰種 トーキョーグール」キックオフイベントに登壇した窪田正孝。

東京喰種 トーキョーグール」のキックオフイベントが、6月2日に東京・YouTube Space Tokyoにて開催され、主演の窪田正孝、監督の萩原健太郎、プロデューサーの永江智大らが参加した。

石田スイのマンガを実写化した本作は、人を食らう怪人“喰種(グール)”がはびこる東京を舞台にしたダークファンタジー。主人公カネキを窪田正孝が演じ、そのほか清水富美加、鈴木伸之(劇団EXILE)、蒼井優、大泉洋らが出演している。

世界5都市で配信されたこのイベントには、福岡にいる原作者の石田もテキストによる会話で参加。まずマイクを握った窪田は「ちょうど1年前ぐらいから始まった作品ですが、今日はいよいよキックオフです。CGも入り、完成度の高いものになりました」と挨拶した。

石田はこの映画化にあたり、「映画にする場合、もしカネキを窪田さんがやってくれるなら観てみたいと思いました。初めて窪田さんを拝見したとき、もし『東京喰種』を実写化するならこの人がいいなと感じていたんです。自分の中で、映画化の意味は窪田さんが演じてくれるというところにあったのかなと思います」とキャスティングへの思いを明かす。

一方窪田は、出演依頼を受けた際の気持ちを振り返り「サプライズ!」と一言。「やっぱり生みの親である先生から直々にオファーをいただけることは光栄です」「最初は本当にビビっていて……でも(映画化とキャスティングが発表されたときに)先生から出してもらったコメントで救われました」とにこやかに話す。また原作について「カネキにとっては悲劇だけれども、引いて見てみれば人の悲劇って喜劇になるということを感じられました」と述べた。

本作に関して「自信はあります」と宣言する萩原は、窪田の演技を「ギリギリのリアリティを保つバランスがうまいなあって思いました。いつも想像を超えてくる。ずっと見ていたいと思えるような芝居をしてくれた」と絶賛した。

またイベントでは、本作が北米、ヨーロッパ、アジアなどの全23カ国で上映されることや、アメリカ・ロサンゼルスで行われる「Anime Expo 2017」にて現地時間7月3日にワールドプレミアが行われることが発表された。さらに新たなスタッフ情報も明らかに。音楽を「マトリックス」シリーズのドン・デイヴィスが手がけ、劇中に登場する赫子や武器クインケの音を「ゼロ・グラビティ」のニコラス・ベッカーらハリウッドで活躍するスタッフが作ったことがわかった。

最後に窪田が「大役なのでプレッシャーもありましたが、スタッフ皆さんで作った2時間の集大成をお届けできるようにこれからがんばっていきたいなと思います」とイベントを締めくくった。

「東京喰種 トーキョーグール」は、7月29日より全国ロードショー。

(c)2017「東京喰種」製作委員会 (c)石田スイ/集英社

映画ナタリーをフォロー