映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「バイプレイヤーズ」に清水富美加、野村周平、志田未来、安田顕、村上淳ら出演

2612

ドラマ「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」出演者。

ドラマ「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」出演者。

ドラマ「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」第4話から9話までのゲスト出演者が発表された。

このたび出演が明らかになったのは清水富美加平田満野村周平竹中直人古舘寛治森下能幸眞島秀和椎名桔平松村邦洋志田未来安田顕村上淳川島海荷ダンディ坂野の14名。全員が本人役で登場する。

清水は「渋くてカッコいいベテラン役者さんの背中を近くで見させていただけて、少しの間でしたが物凄く緊張しながら物凄くドキドキして作品に臨めました」とコメント。また野村は「大御所の皆さんと共演できたのは貴重な経験になりましたし、本人役での出演もなかなかない機会なので僕自身すごく新鮮でした」と語っている。全追加キャストのコメントは下記の通り。

「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」では遠藤憲一大杉漣田口トモロヲ寺島進松重豊光石研が本人役で出演し、シェアハウスで3カ月の共同生活を行う様子が描かれる。「アズミ・ハルコは行方不明」の松居大悟がメイン監督と脚本を担当した。テレビ東京系にて毎週金曜24時12分より放送中。

清水富美加 コメント

渋くてカッコいいベテラン役者さんの背中を近くで見させていただけて、少しの間でしたが物凄く緊張しながら物凄くドキドキして作品に臨めました! 特撮出身として、特撮を絡めた回に出させていただけて嬉しかったです。是非ご覧ください。

平田満 コメント

敬愛する皆さんの実名ドラマに出演でき、光栄です。寺島さんもトモロヲさんもチャーミングで、寒かったけど楽しい現場でした。もし今度があれば、黒ーい平田とか、エッチな平田とか、思い切り野放しに遊ばせてください!

野村周平 コメント

1話だけの出演ですが、大御所の皆さんと共演できたのは貴重な経験になりましたし、本人役での出演もなかなかない機会なので僕自身すごく新鮮でした。
また、松居大悟監督とは映画「男子高校生の日常」以来、数年ぶりに一緒に仕事ができて嬉しかったです。

竹中直人 コメント

もう現場ではかなり緊張しました。あれだけの方々が共演するドラマにまさか自分が呼ばれるなんて……。改めてこんなに素晴らしい俳優達を感じられて感動すると同時に、自分のちっぽけさを強く感じました。

古舘寛治 コメント

バイプレイヤーというより、好きな素敵な先輩プレイヤーズとご一緒できてとても楽しかったです。もっとガッツリやりたかったぁ!

森下能幸 コメント

自分だけど演技、演技だけど自分。自分が自分を演じるという事。
短い時間の撮影でしたが、学ぶ事多く貴重な時間でした。
バイプレイヤーズに出演させていただき、嬉しかったです! ありがとうございました!

眞島秀和 コメント

バイプレイヤーズ、毎週観てます。大好きな先輩方との現場、とても幸せな時間でした。最終回まで楽しみにしてます!

椎名桔平 コメント

この作品情報を得たのは、ネットのニュースだったと思います。「え!?、、、本当にこの6人で?、、、、、、、出たい!」
そう思った時には、マネージャーに出演希望のメールを書いていました。
そうです、立候補です。いや、売り込みです。6人の皆さんとは、ほぼ四半世紀の間柄。現場は最高にハッピーでした!!

松村邦洋 コメント

撮影現場では「アウトレイジ」に出演していた椎名桔平さんに映画のワンシーンのものまねをさせてもらったりと、楽しい時間を過ごさせてもらいました。
寺島進さん、本宮泰風さんや皆さんがいい空気を作って下さったので、いい雰囲気でした。不思議なのは、本宮さんは僕の親友の松本明子さんのご主人なのですが、ゆっくりお話をしたのは初めてでした。
楽しい作品に参加できて感謝しています。

志田未来 コメント

素晴らしい俳優の方々が出演されるこのドラマが発表された時に「このドラマは絶対に面白い! 観たい!!」と思いました。
一視聴者として楽しみにしていたドラマに、まさか私も出演させてもらえるとは思ってもいなかったので、とても嬉しいです。

安田顕 コメント

尊敬する先輩方とこうした話題のドラマで共演させていただけること。そして横浜聡子監督と再びご一緒させていただけること、とても嬉しく、光栄です。是非、ご覧ください。

村上淳 コメント

バイプレイヤーズのレギュラーの大先輩たちの背中を見てきました。共演させていただいた機会もあります。今でも憧れの大先輩たち。撮影当日は思い切りぶつかっていきたいと思います。

川島海荷 コメント

主演の6人の皆さんとは、全員ご一緒したことがあり、このドラマに参加できることがとても嬉しかったです! 現場の自由な雰囲気に乗っかって、わたしも楽しみながらやらせてもらいました。やりながら本当に笑っちゃいそうになるシーンもあったり……面白いことになっていると思います。ぜひ、ご覧ください。

ダンディ坂野 コメント

とても楽しかったです。日本を代表する名優さん達とご一緒できたこと、すごく光栄で幸せな時間を過ごせました。

濱谷晃一(プロデューサー)コメント

ベテラン実力派俳優から若手人気俳優まで、本当に豪華な方々にご出演頂けて、興奮しています。
本ドラマの存在を知って「ぜひ出たい!」と自ら立候補して下さった役者さんも多数いらっしゃいます。
6人のバイプレイヤーズメンバーが、役者仲間からも愛されているからこそなのだと痛感しております。
キャスティングが豪華すぎて、予算は既に底をつきかけておりますが……。
“友情”と“テレ東価格”を合言葉に後半戦もさらに豪華キャストが集結しますので、ぜひ、最後までご覧ください!

※古舘寛治の舘は舎に官が正式表記

映画ナタリーをフォロー