映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

松方弘樹が74歳で死去、北大路欣也ら俳優仲間が悼む「さよならは言いたくない」

58

松方弘樹が1月21日に逝去したことを所属事務所が発表した。74歳だった。

2016年2月、松方は体調不良を訴え入院。その後、事務所を通じて病名を脳リンパ腫と公表し、復帰を目指して治療に専念してきた。葬儀は生前の本人の意志を尊重し、近親者のみで執り行われたという。

時代劇俳優・近衛十四郎と女優・水川八重子の間に誕生した松方は、1960年に主演作「十七歳の逆襲・暴力をぶっ潰せ」でデビュー。「昭和残侠伝」シリーズなどの任侠映画、「仁義なき戦い」シリーズをはじめとする“実録路線”、「柳生一族の陰謀」といった時代劇で存在感を発揮してきた。テレビドラマにも多く出演し、「名奉行 遠山の金さん」では主人公・遠山金四郎役を1988年から約10年にわたって演じる。またバラエティ番組「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」で茶目っ気あふれる一面ものぞかせ、幅広い世代から愛された。

訃報を受け、多くの俳優たちが松方へ追悼の言葉を寄せた。松方の主演作「恐竜を掘ろう」で監督デビューを果たした大和田伸也は、「水戸黄門」シリーズの撮影を振り返り、「初めて東映京都に行った際にスタッフやチャンバラの俳優さんたちに、口利きをしてくれていたので、とてもスムーズに親切にしていただいて、楽しく格さんを演じることができました」「先輩 また あの人懐っこい、ステキな笑顔を見たかった。悔しいです。ありがとうございました」と感謝。

松方と同世代であり、東映時代からともに切磋琢磨してきた北大路欣也は「仕事への情熱、夢と冒険、エネルギッシュに前進し続けた姿に、私は心から敬愛する仲間の一人です。さよならは言いたくない、また会おう、弘樹」と呼びかけた。また小沢仁志は自身のSNSのアカウントに「先輩! なんで… 言葉が見当たらない… 返しきれないほど沢山、色々、本当にありがとうございました!!」とつづっている。

映画ナタリーをフォロー