映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

東映プロデューサー日下部五朗が85歳で死去、「仁義なき戦い」など手がける

102

映画プロデューサーの日下部五朗が2月7日に腎不全のため死去したことを東映が発表した。85歳だった。

1934年に岐阜県で生まれた日下部は、早稲田大学卒業後、東映に入社。京都撮影所のプロデューサーとして「日本侠客伝」「緋牡丹博徒」「極道の妻(おんな)たち」シリーズなどを手がける。また「仁義なき戦い」をはじめとして「県警対組織暴力」「実録外伝 大阪電撃作戦」「暴力金脈」「北陸代理戦争」など日本の暴力団抗争を描いた“東映実録路線”と呼ばれる作品群も企画した。

1978年には深作欣二と組んだ「柳生一族の陰謀」で自身最高の配給収入を上げ、五社英雄の「鬼龍院花子の生涯」などヒット作も多数プロデュース。1983年には今村昌平が監督した「楢山節考」がカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞し、生涯で130本以上の映画を世に送り出した。なお葬儀は2月10日に執り行われた。

映画ナタリーをフォロー