「闇金ドッグス5」青木玄徳&山田裕貴、アフロいじりで以心伝心「さすがバディ!」

708

闇金ドッグス5」の初日舞台挨拶が、本日1月14日に東京・シネマート新宿にて開催され、キャストの青木玄徳山田裕貴荒木宏文菅原大吉副島淳、監督の元木隆史が登壇した。

「闇金ドッグス5」初日舞台挨拶の様子。

「闇金ドッグス5」初日舞台挨拶の様子。

大きなサイズで見る(全44件)

青木玄徳

青木玄徳[拡大]

この映画は、闇金の世界を舞台とした「闇金ドッグス」シリーズ第5弾にあたるR15+指定作品。ラストファイナンスで働く元ホスト・須藤司と、社長の安藤忠臣を中心に、金と暴力と欲望にまみれた人間たちの姿を描く。

これまでのシリーズに比べ、かなりハードな内容となった本作。須藤役の青木が恐る恐る「どうでした……?」と反応を尋ねるが、客席は静まり返ってしまう。「今までの作品では拍手をいただいてたんですけど……今回、こっちがぶち込みましたからね。会場に入ってくるとき、緊張しちゃいました」と青木は語る。

副島淳(右)のアフロヘアを見上げる山田裕貴(中央)。

副島淳(右)のアフロヘアを見上げる山田裕貴(中央)。[拡大]

この日青木は楽屋にいたときからずっと緊張していたそうで、「困ったときは(場を和ませるために)副島さんに身長を聞こうと思ってたんです。何cmですか?」と質問。副島は明るいトーンで「195cmです。アフロヘアを入れたら2m10cmあります」と答え、共演陣から「毛だけで15cmあるんだ!」と笑いが起こる。

山田裕貴

山田裕貴[拡大]

本作は実際にあった出来事をモチーフとしていることから、安藤役の山田は「こういうことが現実にあるんだって知ってもらえる作品にできた。『闇金ドッグス』では社会派なこともやりたいし、いろいろなところに切り込んで行きたいと思っていたので、今回はそういう部分が出ていてすごくよかった」と感想を述べた。

「さすがバディ!」と興奮する山田裕貴(右)と青木玄徳(左)。

「さすがバディ!」と興奮する山田裕貴(右)と青木玄徳(左)。[拡大]

今回シリーズ初参加を果たした副島が「重たい作品の中で、僕は箸休め的なほっこりする役どころだった」と発言すると、山田が彼のアフロヘアを指さして「もっこりしてますけど(笑)」とジョークを挟む。すると青木も「俺もそれ言いたかったあー!! まったく同じこと考えてた!」と叫び、山田は「イエーイ、さすがバディ!」と満面の笑みに。

また第4弾と本作でメガホンを取った元木は、「今回は観るのがしんどいなって思いながら編集していました。こうして皆さんに舞台挨拶でシーンとしていただいているのが、いい意味でありがたい。ちゃんと観ていただいたんだなと思えます」と満足気に話した。

カメラマンから「闇金っぽいポーズ」を要求され、思い思いに表現するキャストたち。

カメラマンから「闇金っぽいポーズ」を要求され、思い思いに表現するキャストたち。[拡大]

最後に青木が「1から4までの須藤のコミカルな感じが、5では逆に生きたんじゃないかなと思う。現実にあった話をモチーフにしていて、すごく重たいので、フィクションよりも現実のほうがつらいなと感じました。それを受け止めてくれたお客さんの反応がいつもと違うというのは、役者冥利に尽きます」と述べ、イベントを締めくくった。

この記事の画像・動画(全44件)

関連記事

青木玄徳のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2016「闇金ドッグス4&5」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 闇金ドッグス5 / 青木玄徳 / 山田裕貴 / 荒木宏文 / 菅原大吉 / 副島淳 / 元木隆史 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。