映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

大野拓朗に抱かれた「猫忍」金時と「猫侍」あなごが肉球で主役猫バトンタッチ

325

左から大野拓朗に抱かれた金時と渡辺武に抱かれたあなご。

左から大野拓朗に抱かれた金時と渡辺武に抱かれたあなご。

「猫侍」シリーズの製作チームが手がける「猫忍」テレビドラマ版の舞台挨拶が本日12月23日に東京・シネマート新宿にて行われ、大野拓朗、猫の金時とあなご、監督の渡辺武が登壇した。

本作は、幼い頃に父親と生き別れた孤独な忍者・陽炎太が、父親と似た雰囲気を持つ猫を人目を避けつつ飼い始める物語。主人公の陽炎太に大野拓朗が扮し、陽炎太が出会う猫“父上”には金時が扮する。

最初に大野が「今日は世界最速(上映)ですよね。世界目指してるんで」と挨拶。続けて、劇場版の公開日が5月20日に決まったことが発表された。

コミュ障の忍者という陽炎太のユニークなキャラクターについて大野と渡辺は、2人して「いまだによくわかってない(笑)」と述べる。「ちょっと抜けたところがあるとかはけっこう意識した」と言う大野に対し、「それは(大野の)本質なんじゃないの?」と渡辺がツッコミを入れると大野は「普段めっちゃしっかりしてますよ!」とすかさず言い返す。撮影で苦労した点に、忍者特有の走り方を挙げた大野が中腰になり説明する場面も。

猫の金時との撮影について大野が「金時を腕枕して『寝ているでござるか?』と聞くところは、金ちゃんが寝てたからそういうふうになった」と明かし、渡辺は「彼はよく寝るんですよ」と撮影の裏話を笑顔で話した。大野は「もう金時がかわいすぎて! 1、2話を『ああかわいい……ああかわいい』ってつぶやきながら観た」と吐露。

ここで金時が登場し、客席から「かわいいー!」と歓声が上がる。「腕がパンパンになりますよ」と話しながら8.5kgの金時を抱いた大野は「愛おしい……」とつぶやく。続けて「猫侍」の主役猫・あなごも登場。大野に抱かれた金時と渡辺に抱かれたあなごの肉球によるバトンタッチセレモニーが行われた。

最後に大野が「ゆるくてちょっと笑えるところもあって、金時のかわいさに癒やされて。あったかいストーリーが目白押し。気軽に観ていただけて、日々の疲れを癒やしてくれるような作品」「金時をハリウッド俳優にするべく、一丸となって金ちゃんをおんぶに抱っこしていきますんで応援お願いします」と観客にメッセージを送り、イベントは終了した。

「猫忍」映画版は2017年5月20日に劇場公開。テレビドラマ版はtvkほかにて1月より放送が開始される。

(c)2017「猫忍」製作委員会

映画ナタリーをフォロー