映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ティム・バートン、新作「ミス・ペレグリン」引っさげ2年ぶりに来日決定

372

「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」

「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」

監督最新作「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」の公開を2月3日に控えるティム・バートンが、1月に来日する。

「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」は、祖父の遺言に従って小さな島を訪れたジェイクが、そこで出会った美しく厳格な女性ミス・ペレグリンや特殊能力を持った少年少女と心を通わせていくファンタジー。ジェイクをエイサ・バターフィールドが演じるほか、出演にはエヴァ・グリーンサミュエル・L・ジャクソンエラ・パーネルが並ぶ。日本語吹替版では宮野真守がジェイクに声を当てた。

「私は“変わっている”というレッテルを貼られた。なぜなら子供なのに、モンスター映画が大好きだったせいだ。子供のときに感じた、自分は人とは違うという気持ちは決してなくならないものだ。それは一生ついて回る」と自身の経験を語るバートン。その思いから、ランサム・リグズの小説「ハヤブサが守る家」をもとにした本作で描かれているテーマについて「共感できる題材だ」と述べている。

バートンの来日は、「ティム・バートンの世界」展のオープニングセレモニーに出席した2014年10月以来、2年3カ月ぶり。彼は1月30日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで開催されるレッドカーペットとスペシャルスクリーニングに参加する予定だ。

(c)2016 Twentieth Century Fox

映画ナタリーをフォロー