「ファンタビ」エディ・レッドメイン来日「皆さんをケースに入れて持ち帰りたい」

155

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のジャパンプレミアが、本日11月21日に東京・六本木ヒルズアリーナで行われ、主演のエディ・レッドメインらが登壇した。

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」ジャパンプレミアの様子。

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」ジャパンプレミアの様子。

大きなサイズで見る(全66件)

左からキャサリン・ウォーターストン、エディ・レッドメイン。

左からキャサリン・ウォーターストン、エディ・レッドメイン。[拡大]

イベント冒頭では、日本語吹替版キャストの宮野真守をはじめとするゲストたちがレッドカーペットに登場。続いてキャストのレッドメイン、キャサリン・ウォーターストンアリソン・スドルダン・フォグラー、監督のデヴィッド・イェーツ、プロデューサーのデヴィッド・ハイマンが姿を現すと、会場には大きな歓声が響き渡る。6人はゆっくりとレッドカーペットを歩きながら、集まったファンと交流を深めた。

エディ・レッドメイン

エディ・レッドメイン[拡大]

ステージに上がったレッドメインは「僕は日本が大好きなので、ここに来ることができて本当にうれしいです。皆さんの応援本当にありがたいと思っています」と興奮を隠しきれない様子。ウォーターストンは「東京大好き!」と日本語で話したあと、「作品への起用が決まったときはとてもワクワクして、そのときの衝撃が今も続いてる感覚です。今この舞台上に立っていることを、大変光栄に感じています」と感慨深げに語る。

アリソン・スドル

アリソン・スドル[拡大]

スドルは少女の頃から日本に来るのが夢だったことを明かし、「今この瞬間が特別な時間であるように、映画も特別なものになっています。心を込めて作り上げました」と満面の笑みを浮かべる。フォグラーは「この作品に出演できたのは、宝くじが当たったようなものですね」と冗談交じりに述べ、観客の笑いを誘った。

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」ジャパンプレミアの様子。

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」ジャパンプレミアの様子。[拡大]

ここで、本作の宣伝大使を務めるDAIGOがレッドメインに質問。「日本の皆さんにどんな魔法をかけたいですか?」との問いかけに対し、レッドメインは「ニュートのスーツケースは、実は中がとても大きいんです。ファンの皆さん全員をケースに入れて持ち帰りたい」と回答し、集まったファンを喜ばせる。そして、DAIGOの「この冬は?」という呼びかけに登壇者と観客が「ファンタビ!」と声を合わせ、イベントは幕を閉じた。

J・K・ローリングが脚本を手がけた「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」は、「ハリー・ポッター」シリーズの最新作。レッドメイン演じる魔法使いニュート・スキャマンダーと、彼のもとから逃げ出した魔法動物たちの姿を描く。11月23日より全国にて公開される。

この記事の画像・動画(全66件)

関連記事

エディ・レッドメインのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (c) JKR.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 / エディ・レッドメイン / キャサリン・ウォーターストン / アリソン・スドル / ダン・フォグラー / デヴィッド・イェーツ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。