中井貴一と柳葉敏郎が「幸福のアリバイ」監督・陣内孝則を称賛

73

幸福のアリバイ~Picture~」の初日舞台挨拶が、本日11月18日に東京・丸の内TOEIで行われた。

「幸福のアリバイ~Picture~」初日舞台挨拶の様子。

「幸福のアリバイ~Picture~」初日舞台挨拶の様子。

大きなサイズで見る(全25件)

陣内孝則がメガホンを取った「幸福のアリバイ~Picture~」は、冠婚葬祭をテーマに人生の悲喜こもごもを描くヒューマンコメディ。「桐島、部活やめるってよ」「ディストラクション・ベイビーズ」の喜安浩平が脚本を手がけた。

陣内孝則

陣内孝則[拡大]

舞台挨拶にはキャストの中井貴一柳葉敏郎大地康雄山崎樹範浅利陽介木南晴夏入山法子渡辺大佐藤二朗、監督の陣内が登壇。満員となった観客席を見ながら陣内は「中井さん、柳葉さん、大地さんを担ぎ出して席が埋まってなかったらどうしようと、ちょっと不安でした。正直ホッとしております」と安堵の様子を見せる。

中井貴一

中井貴一[拡大]

出演のきっかけを聞かれた中井は「最初はメールでしたね。『ちょっと気になる本がある』みたいな。もうこの時点で断れないとなんとなく思いました」と笑いながら話す。陣内は「誠心誠意オファーをして。断られてもしょうがないと思ってました……山崎はともかく」とニヤリ。山崎は「僕に関しては『お前空けとけよ!』で終わりですからね」と述べ、観客の笑いを誘う。

柳葉敏郎

柳葉敏郎[拡大]

撮影現場の中井と柳葉について陣内は「やっぱり怖いですよ。素晴らしい腕を持っているし、俳優としてのキャリアも僕より長いですから」と吐露。中井は監督としての陣内を「役者の気持ちをわかってくれて、常にわかりやすいように説明してくれました」と称賛する。また柳葉が「陣内さんは監督としての自分をしっかり作り上げてました。きちっとスーツを着て」と明かすと、陣内は「出演者の皆さんには敬意を表さないといけないと思って。でも結論として、監督は楽な格好をしないといけないですね。そうしたらもっとアイデアが生まれてたかもしれない」と無邪気に語った。

「幸福のアリバイ~Picture~」初日舞台挨拶の様子。

「幸福のアリバイ~Picture~」初日舞台挨拶の様子。[拡大]

陣内からのプレッシャーを日々感じていたという山崎。「『この映画がきっかけで売れたら俺に300万よこせ』って言われて(笑)」と告白すると、陣内は笑顔を浮かべる。木南がダメ男を演じた山崎について「本当にいいダメンズっぷりで。目を見てるとイライラしました」と述べると、山崎は「俺今作に関してはあまり芝居してないんだよね。純粋に俺がクズってこと?」と問いかけ、会場の爆笑をさらった。

最後に陣内は「暴力シーンがあるわけでも、エロシーンがあるわけでもないですが、面白い作品になったと思います。『君の名は。』と『シン・ゴジラ』を足して2で割ったような映画だと。神様も許してくれるような、そんな軽いウソをついていただければ幸せでございます」と冗談交じりに語り、イベントを締めくくった。

この記事の画像・動画(全25件)

関連記事

陣内孝則のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2016「幸福のアリバイ~Picture~」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 幸福のアリバイ~Picture~ / 陣内孝則 / 中井貴一 / 柳葉敏郎 / 大地康雄 / 山崎樹範 / 浅利陽介 / 木南晴夏 / 入山法子 / 渡辺大 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。