“疾風ロンドンバス”出発式に阿部寛、大倉忠義、大島優子、ムロツヨシ集結

305

本日11月17日、「疾風ロンド」キャストの阿部寛大倉忠義関ジャニ∞)、大島優子ムロツヨシが、東京都内にて公開直前イベント「“疾風ロンドンバス”出発式」に出席した。

“疾風ロンドンバス”出発式の様子。左からムロツヨシ、阿部寛、大島優子。

“疾風ロンドンバス”出発式の様子。左からムロツヨシ、阿部寛、大島優子。

大きなサイズで見る(全26件)

雪が降る演出の中、登場した「疾風ロンド」キャストたち。

雪が降る演出の中、登場した「疾風ロンド」キャストたち。[拡大]

東野圭吾の同名小説を映画化した本作は、阿部寛扮するどこか頼りない研究員・栗林和幸が、研究所から盗まれた違法生物兵器の行方を追うミステリー。このたび「疾風ロンド」のタイトルにかけた2階建ての特製ラッピングバス“疾風ロンドンバス”が制作され、出発式が実施される運びに。日本最大級のスキー場が舞台となった本作にちなみ、会場には雪を積もらせる演出も施された。

自身の顔が大きく施されたバスを見て照れる阿部寛(左)。

自身の顔が大きく施されたバスを見て照れる阿部寛(左)。[拡大]

阿部寛

阿部寛[拡大]

映画のビジュアルが全面にデザインされたバスを見るなり、阿部は「恥ずかしいですね」とぽつり。大倉も「阿部さん、ただでさえ迫力があるのに、こんなに大きくなるとさらに……」と同調していると、ムロは大倉が着用しているチェック柄のスーツに気が付き、「あれ? ロンドンバスだからチェック着てきたの? 皆さん、見てくださいよ!」と大げさにアピールして大倉を照れさせる。このバスに乗って行きたい場所を聞かれると、ムロは「(撮影場所の)野沢温泉スキー場に映画の完成の挨拶に行きたいです」と述べ、阿部は「オリンピック(のパレード)みたいに銀座とか行ったらどうだろう?」と提案した。

大島優子

大島優子[拡大]

続いて話題は、劇中のアドリブシーンへ。大倉が「ムロくんとのシーンはずっと笑いをこらえてました」と明かすと、大島は「ムロさんってずるいんですよ!」とヒートアップ。謎の男を演じたムロが、スキー場のパトロール隊員役の大倉、スノーボードクロス選手役の大島を雪上で尾行する場面を挙げ、大島は「視線を独り占めしたいんでしょうね。私たちの後ろで、わざと転んだりしてるんです!」とムロを見やる。「そんなことないよ、優子さん! 全力でした!」と必死に否定するも、大倉から「でもリハーサルまではちゃんと滑れてましたよね」とバラされ、大島にも「欲しがるー!」とからかわれるムロ。共演者たちから疑惑の目を向けられる中、ムロは最後まで「わざとじゃない! 作品がすべてですから!」と体を張った熱演だとアピールしていた。

ムロツヨシ

ムロツヨシ[拡大]

また大島はスノーボード、ムロはスキーを滑りながら格闘するシーンの話題も。大島は同シーンを振り返りながら、スーパースローで撮影したうえに自分たちもスローモーションで動きを付けたと説明。そして「ムロさんと2人で息を合わせました」とほほえむが、ムロが「優子とムロの息がぴったり合ったシーンです」とわざわざ言い換えると、途端に大島は嫌そうな表情に。2人のコミカルなやり取りが終わると、阿部は「すごい臨場感があるシーンで、本当に人にぶつかるんじゃないか?っていうぐらいスピード感があった。東野さんもこのシーンにはびっくりしていたらしいですよ」と興奮気味に報告する。

“疾風ロンドンバス”出発式の様子。左から阿部寛、大島優子。

“疾風ロンドンバス”出発式の様子。左から阿部寛、大島優子。[拡大]

最後に4人はテープカットを行い、“疾風ロンドンバス”に乗り込んだ。この特製ラッピングバスは、今週いっぱいまで東京都内の道路を走行するとのことだ。

「疾風ロンド」は11月26日より全国ロードショー。

この記事の画像(全26件)

関連記事

阿部寛のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 疾風ロンド / 阿部寛 / 大倉忠義 / 関ジャニ∞ / 大島優子 / ムロツヨシ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。