映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

愛とエロスがテーマの女性限定企画に「花芯」「戦争と一人の女」など5本

61

「第13回新開地映画祭」が10月28日、29日に兵庫・神戸アートビレッジセンターで開催。同映画祭にて、"Love & Eros"をテーマにした女性限定の上映企画が行われる。

28日には金子修介の初監督作「宇能鴻一郎の濡れて打つ」、1936年の阿部定事件を描いた「実録阿部定」の2本を上映。また29日には瀬戸内寂聴の小説を安藤尋が映像化した「花芯」、安部慎一の同名マンガを原作とする「美代子阿佐ヶ谷気分」、江口のりこが元娼婦の女を演じた「戦争と一人の女」の3本がラインナップされた。「花芯」上映後には安藤によるトークショーも。

なお「第13回新開地映画祭」の公式サイトにて、10月26日18時まで座席予約を受け付けている。

第13回新開地映画祭

2016年10月28日(金)、29日(土)兵庫県 神戸アートビレッジセンター
<上映作品>
「宇能鴻一郎の濡れて打つ」(R18+)
「実録阿部定」(R18+)
「花芯」(R15+)
「美代子阿佐ヶ谷気分」(R15+)
「戦争と一人の女」(R18+)
料金:1000円
※「花芯」のみ1800円

映画ナタリーをフォロー