映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「おんなのこきらい」スピンオフで元ふぇのたすMICOが主題歌担当、主演は越智ゆらの

627

「あのこの話をすこしだけ」ティザービジュアル。左からMICO(SHE IS SUMMER)、越智ゆらの。

「あのこの話をすこしだけ」ティザービジュアル。左からMICO(SHE IS SUMMER)、越智ゆらの。

加藤綾佳が監督した「おんなのこきらい」のスピンオフ「あのこの話をすこしだけ」が、映画と音楽の祭典MOOSIC LAB 2016にて特別招待作品として上映されることがわかった。

森川葵が主演した「おんなのこきらい」は、MOOSIC LAB 2014で準グランプリほかを獲得した作品。2015年に解散したエレクトロポップユニット・ふぇのたすが企画段階から参加し、音楽を担当した。

そして同じく加藤が手がける「あのこの話をすこしだけ」には、元ふぇのたすボーカル・MICOがソロプロジェクトSHE IS SUMMERとして主題歌「ナイトブルー」を提供。言葉を話すことができない少女・沙耶と書店で働く青年・亮太の恋を描き、沙耶役をPopteenモデルの越智ゆらのが、亮太役を舞台「ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』」の元木聖也が務める。MICOや「おんなのこきらい」の木口健太も出演。さらに“お菓子の標本”をコンセプトとしたアクセサリーブランドROTARI PARKERが企画協力という形で参加している。

「あのこの話をすこしだけ」はMOOSIC LAB 2016内で、8月下旬より東京・新宿K's cinemaにて上映予定。

映画ナタリーをフォロー