映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

広瀬アリス主演、Acid Black Cherryのアルバム「L-エル-」映画化

1135

「L-エル-」 (c)2016映画「L-エル-」製作委員会

「L-エル-」 (c)2016映画「L-エル-」製作委員会

ロックアーティスト・Acid Black Cherryのアルバム「L-エル-」が映画化され、広瀬アリスが主演を務めることが決定した。

2015年2月にリリースされた「L-エル-」は、愛を探し求め続けた1人の女性エルの孤独で壮絶な人生をつづった物語とAcid Black Cherryの音楽が絡み合うコンセプトアルバム。同年の秋には書籍化もされた。広瀬は、エルの少女時代から老婆の姿までを演じる。監督を務めたのは「キカイダー REBOOT」の下山天

広瀬は「衣装やメイク、全てが今の時代ではないのでとても独特な世界観になっていて、しっかりとエルという女の子の人生を一緒に歩めました」とコメント。そんな広瀬について下山は「クランクインの日、カメラ前に立った彼女はまさに<エル>そのもの。それから毎日、エル自身として生きて駆け抜けていく様子を、我々は日々追い掛けるのが精一杯でした」と称賛する。またAcid Black Cherryのyasuは「難産だった『L-エル-』という作品がこんなふうに誰かの心に届き、新しいプロジェクトが動き出していくのを見ると、『L-エル-』もいつのまにか立派に巣立っていったんだな、と感じます」と述べている。

映画「L-エル-」は2016年秋、全国でロードショー。

広瀬アリス コメント

Acid Black Cherryさんの音楽は兄が大好きでよく話を聞いていました。
アルバム「L-エル-」を聴いてみて、世の中にはたくさん良い音楽があるのだと感じました。そんな中、偶然にも映画のお話を頂き、一番喜んでくれたのも兄でした。
原作はファンタジー要素が多いお話なのでどうなるのかなと思い撮影を楽しみにしていました。
いざ撮影に入るとオールセットで360度グリーンバックの中で撮影をしたりしたので、完成を見ないと自分もどう出来上がるのか分からないので今から凄く楽しみです。衣装やメイク、全てが今の時代ではないのでとても独特な世界観になっていて、しっかりと“エル”という女の子の人生を一緒に歩めました。彼女のジェットコースターのような壮絶な人生と、物語の世界観を存分に楽しめる作品だと思います。

yasu(Acid Black Cherry)コメント

「L-エル-」のことを気に入ってくれた東宝のプロデューサーさんが、「是非、このコンセプトアルバムを映画にしたいんです」と声をかけてくださいました。
そして、昨年の全国ツアーにも何度も足を運んでくださり、そのたび、「L-エル-」の映画化に対する熱い想いも聞かせてくださいました。
難産だった「L-エル-」という作品がこんなふうに誰かの心に届き、新しいプロジェクトが動き出していくのを見ると、「L-エル-」もいつのまにか立派に巣立っていったんだな、と感じます。
「L-エル-」の産みの親は確かにAcid Black Cherryですが、僕、そしてABCスタッフの手元を離れて、東宝さんや監督の下山さん、主演の広瀬アリスさんの元で今度はどんなふうに育っていくのか、僕も今から楽しみにしています。

下山天 コメント

楽曲と見事にリンクした繊細かつ緻密に組み上げられた、この壮大なストーリーを映像化することは大きな挑戦であり苦難の連続でした。しかし作品の世界観を完全再現した膨大な数のマット画(VFXの手法の1つで、背景や舞台を描く技術)とオールセット撮影により、まもなく日本映画の枠を超えた全く新しい映像世界が完成します。
その映像がAcid Black Cherryの楽曲と融合することで、音楽の歴史に刻まれた【読むロックアルバム】が、この映画の完成によって【観るロックアルバム】へと進化を遂げることで、日本の音楽と映画の新たな扉が開かれると確信しています。
そんな「L-エル-」という作品に取り組む上で、広瀬さんとは人それぞれ様々な愛のカタチがあることを話し合いました。そしてクランクインの日、カメラ前に立った彼女はまさに<エル>そのもの。それから毎日、エル自身として生きて駆け抜けていく様子を、我々は日々追い掛けるのが精一杯でした。本番中、何度も彼女の演技に泣いているスタッフ達を見掛けました。実は私もその一人です。

映画ナタリーをフォロー