映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

「夏美のホタル」有村架純が人生の先輩たちからのメッセージに感激

136

「夏美のホタル」公開初日舞台挨拶にて、左から廣木隆一、光石研、工藤阿須加、有村架純、吉行和子、森沢明夫。

「夏美のホタル」公開初日舞台挨拶にて、左から廣木隆一、光石研、工藤阿須加、有村架純、吉行和子、森沢明夫。

本日6月11日、「夏美のホタル」の公開初日舞台挨拶が東京・新宿シネマカリテにて行われ、出演者の有村架純工藤阿須加光石研吉行和子、原作者の森沢明夫、監督の廣木隆一が登壇した。

本作は、夢や恋人との関係に悩む主人公・夏美が、父と過ごした思い出の場所で知り合う人々との交流を通し、成長していくさまを描くヒューマンドラマ。午前中にもかかわらず大勢の観客が集まった会場を見渡しながら、有村は「皆さん、朝から優しい気持ちになりましたか?」と問いかけ、「この作品を通して、親が子供をどう思ってるかということが再確認できました。今は親と離れて暮らしているけれど、より深く親を愛していきたいなと思えたし、きっと親も子供をもっと愛したいと思えるような作品だと思います」と自身の思いを伝えた。

人との出会いを通じて、家族の愛を再発見していく様子が丁寧に紡がれる本作。舞台挨拶では、人生の先輩である光石、吉行、森沢、廣木から“次世代へつなぐメッセージ”として、有村と工藤に言葉が贈られた。光石が「工藤くんは本当に真面目。芯から真面目な男。かけがえのないものだと思うので、いつまでも忘れずに俳優生活を送ってください」と声をかけると、工藤は「自分で言うのもなんですけど、真面目だけが取り柄なので……光石さんの言葉を胸にがんばりたいです!」と大感激。

続いて吉行から「2人ともとても自然で素敵。この新鮮さをずっと持ち続け、かつ、うんと冒険していろんな役をやり、たくましくなっていっていただきたい」とエールが送られると、有村も「直接こうやって言葉をくださる機会はなかなかないのでうれしいです」と感無量の表情に。また舞台挨拶中、吉行は「夏美ちゃんが……」と有村を役名で呼び間違えたり、「彼女がスイカをパクパク食べている姿がすごくかわいくて。そのへんの女の子とおしゃべりしているような気持ちになって楽しかったです」と愛しげに見つめる様子を見せ、会場の空気を和ませた。

さらに森沢からは、有村と工藤に「浴びるようにたくさん本を読んでほしい。小説を読むと、主人公の人生のクライマックスを経験できる。心をどんどん成長させていってください」と小説家ならではのアドバイスが。最後に廣木が「メッセージなんかないですけどね」と言いつつ、「今のまま役者を続けていってください」と2人に向けてストレートな言葉を投げかけると、有村は「監督とは名古屋に(映画のキャンペーンで)行ったとき、帰りの新幹線でひたすらしゃべり倒して。監督の考えていることはすごく勉強になりました。これからもいろんなことを教えていただきたいです!」と満面の笑みで答えた。

「夏美のホタル」は本日より全国の劇場で上映中。

(c)2016「夏美のホタル」製作委員会

映画ナタリーをフォロー