映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

マイケル・ムーアがスロベニア大統領を直撃!「世界侵略のススメ」特別映像

56

「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」 (c)2015, NORTH END PRODUCTIONS

「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」 (c)2015, NORTH END PRODUCTIONS

マイケル・ムーアが監督と製作、脚本を担当した「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」本編映像の一部がYouTubeにて公開された。

銃規制や対テロ戦争、医療制度などの社会問題を独自の視点で一刀両断してきたムーア。本作では、そんな彼が“侵略者”となってアイスランドやドイツ、イタリアなどさまざまな国を訪問し、本国アメリカに存在しない“常識”を根こそぎ略奪する姿を追う。

“大学の学費を無償化し、若者に借金を負わせない”というスロベニアの常識をアメリカに持ち帰る目的で、同国を訪れたムーア。特別映像では、ムーアがボルト・パホル大統領に直撃し、45分の会談を終えるまでが映し出される。会談後、大統領とカメラの前に現れたムーアはご機嫌な様子。「楽勝だろ? 独りで石油よりもいいものを獲得した」とのナレーションの後、詰めかけた取材クルーに向かって「“スロバキア”大統領に会い、アメリカに降伏させた」と冗談を交え、語りかける。

「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」は5月27日より全国ロードショー。

映画ナタリーをフォロー