映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

山田孝之が監督初挑戦、ラップでの熱烈オファー受けTEE新曲MVを演出

412

「恋のはじまり」MVの監督を務める山田孝之(左)とTEE(右)。

「恋のはじまり」MVの監督を務める山田孝之(左)とTEE(右)。

山田孝之が6月29日に発売されるTEEの新曲「恋のはじまり」のMVで監督を務めたことがわかった。

「恋のはじまり」は、TEEが約9カ月ぶりにリリースするシングル。このたび山田は、かねてより交流があったTEEから思いの丈をラップに乗せた熱烈オファーを受け、MV監督を引き受けたという。

山田は監督を務めるにあたり、企画やキャストオーディション、ロケハンなど全面的にプロデュース。MVのヒロインには、300人を超えるオーディションで選ばれた「黒崎くんの言いなりになんてならない」の北村優衣が、映像制作チームには日本大学藝術学部映像科の現役学生たちが迎えられた。山田は「予算の都合、学生時代のピュアな感情、皆で悩みながら試行錯誤して作りたい、以上の点から学生と組むことを提案しました」とコメントを寄せている。

「誰もが若かりし頃に経験する淡く初々しい純愛」を映像化した山田初監督作のMVは、「恋のはじまり」初回限定盤の特典DVDに収録される。

山田孝之 コメント

TEEさんから「孝之、MVの監督やってくれない?」とお声がけ頂いた際「監督は興味ないやぁ」と、一度お断りしたのですが、再度熱くお願いされ、「やったこと無いことに挑戦できるチャンスだ」と思い、お受けしました。
「恋のはじまり」は学生時代の恋を思い返している歌です。そのきっかけ、思い出、そして最後にあるサプライズを、歌詞がスッと入ってくるようにストレートに映像にしました。
予算の都合、学生時代のピュアな感情、皆で悩みながら試行錯誤して作りたい、以上の点から学生と組むことを提案しました。
メインの北村さんと江口くん、回想シーンに入るきっかけとなる小山さんと糸川くん、皆さん勘が良かったためスムーズに撮影することができ、とても感謝しています。

TEE コメント

出会いは、知人の紹介からでした。
役者として大好きな山田孝之君。
プライベートはどんな感じだろう。
出会ってみると、本当に気さくな感じで話すことも楽しいし、人として凄く気持ちのいい男でした。
山田孝之君主役のドラマで、自分がそのドラマのエンディング曲を歌っていたので、
そんな事からも話は盛りあがり、気付いたら朝方まで飲んでいました。
それから何度かご飯行ったり、飲みに行ったりして仲良くさせてもらっています。
今回新曲を制作するにあたり自分も何か新しい試みを探していました。
そこで自分が考えたのは、「山田孝之君をMV監督に!!」でした。
「いい曲作るから、MVの監督をしてほしい」
興味の湧くこと、新しい事をやりたいと前々から言っていた山田君に会いに行き
自分の気持ちをフリースタイルのラップで伝えました。
「気持ちいい男だな! 一緒にやろう!」
その言葉は嬉しすぎてわすれません。

恋のはじまり

2016年6月29日(水)発売
発売元:ユニバーサルミュージック
価格:初回限定盤(CD+DVD)1620円 / 通常盤 1080円

映画ナタリーをフォロー