映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ウディ・アレン最新作「教授のおかしな妄想殺人」、男の人生が一変する予告編

181

ウディ・アレンが監督と脚本を手がけた最新作「教授のおかしな妄想殺人」のポスタービジュアルが到着。YouTubeにて予告編も公開された。

本作は、人生の不条理を独特の哲学で描いたダークコメディ。孤独で無気力な毎日を過ごす哲学科の大学教授エイブが、悪徳検事を殺すという完全犯罪に夢中になることで、極端に明るい性格になっていくさまを描く。主人公のエイブを演じるのは、「her/世界でひとつの彼女」のホアキン・フェニックス。そして彼に恋する教え子ジルに、「マジック・イン・ムーンライト」のエマ・ストーンが扮する。

このたび公開された予告編の冒頭では、「気分はどん底だ」「1年前から不能なんだ」といったエイブの絶望的なセリフや、自らのこめかみに拳銃を当てる姿が映し出される。そんな彼に「複雑な男性って興味深いわ」と好意を抱くジル。しかしある日突然“ある企て”を考えついてから、エイブの人生は絶好調に。「人生の喜びをひしひしと感じてるよ」と話すエイブは、まわりから“野獣”呼ばわりされるほど。そしてジルは混乱しながらも、エイブとの距離を縮めていく。

「教授のおかしな妄想殺人」は6月11日より全国ロードショー。

映画ナタリーをフォロー