映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「アイアムアヒーロー」有村架純は三度の飯よりZQNが好き?大泉洋が証言

485

「アイアムアヒーロー」初日舞台挨拶の様子。

「アイアムアヒーロー」初日舞台挨拶の様子。

本日4月23日、「アイアムアヒーロー」の初日舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催され、主演の大泉洋ら9人が登壇した。

「アイアムアヒーロー」は、花沢健吾の同名マンガを実写映画化したサバイバルホラー。謎のウイルスに感染した“ZQN”がはびこる世界で、生き残りを懸けて戦う者たちを描く。

本編上映後に行われたこの舞台挨拶には、大泉に加えキャストの有村架純長澤まさみ吉沢悠片瀬那奈マキタスポーツ塚地武雅、そして監督の佐藤信介と原作者の花沢が登場。大泉は鑑賞直後の観客の顔を見ながら「どえらいもの観せられたという気持ちでいっぱいでしょうけど、どうもありがとうございます(笑)」と挨拶した。

佐藤は「日本映画では珍しい作品。やるからには力いっぱいやろうと、日本の一番の技術をもって作りました」と自信を覗かせる。実際に本作はシッチェス・カタロニア国際映画祭で2冠、ポルト国際映画祭で2冠、ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭でもグランプリを獲得していることから、大泉は「海外の映画祭に出すごとに賞を獲ってくるので、ものすごく優秀な子供を持った親の気持ちです」と喜びを語った。

本作の撮影は2年前に行われたことから、有村は「撮影を思い出すと懐かしい気もしますし、シーンをご一緒できなかった方々とこうやってお会いできてうれしい。本物だー!って感じ」と話す。するとマキタが「そのわりには楽屋で冷たかったね」と冗談を言い、有村は「してないですよ!」とあわてて否定していた。

続いて、特殊メイクを施した吉沢がおぞましい走り方で長澤と有村を追いかけるシーンの話題に。大泉は「吉沢さんはああいう走り方の人なのかな?って思った」ととぼけるが、長澤は「怖かったけど、役作りにはちょうどよかったです」と振り返る。さらに大泉と塚地は「(そんな吉沢から)架純ちゃんを背負った長澤さんが逃げてるのが異様な光景だった」「二次会へ移動する酔っぱらいたちみたいだった」と盛り上がり、大泉が「まさみちゃん、店どこー!?」と千鳥足でその場面を演じてみせて会場を沸かせた。

有村は、本作を観た感想を「正直怖いしグロいし、ヘトヘトになってすぐには立ち上がれなかった。この映画大丈夫なのかなって思いました(笑)」と話す。司会から「もしかして、こういったジャンルは苦手ですか?」と聞かれると「どちらかと言うと苦手なタイプですね」と素直に回答。しかしそれを聞いた大泉が「そういうこと言うんじゃないよ! こういう映画、大好きなんだろ? 今はもう、三度の飯よりZQNが好きだそうです」とまくしたて、笑いを起こした。

その後も大泉のマシンガントークは止まらない。彼が海外映画祭での観客の反応について「海外では塚地さんの出演シーンで爆笑ですよ。『ハッハッハ! ツカジ!? 相方ドウシタ!?』って」とジョークを飛ばすと、塚地も「相方のことも知ってるの!?」とツッコみながら爆笑した。

最後に大泉は、「日本がこのジャンルを本気で作ったら、世界でこんなに評価されるんだ!と思えてうれしい。映画のワールドカップで日本が勝ったようなことなんです! 今の日本の本気を、目の当たりにしていただきたいです」と作品をアピールした。

「アイアムアヒーロー」は全国の劇場で公開中。

アイアムアヒーローグッズ
※ご購入はこちらから!
アイアムアヒーローグッズ

(c)2016 映画「アイアムアヒーロー」製作委員会 (c)花沢健吾/小学館

映画ナタリーをフォロー