東映エロス時代劇をスクリーンで、中島貞夫、石井輝男ら名監督のセンスが爆発

84

「残酷!妖艶!大江戸エロス絵巻」と題された特集上映が、東京・ラピュタ阿佐ヶ谷にて2月20日から4月15日まで開催される。

「徳川いれずみ師 責め地獄」 (c)東映

「徳川いれずみ師 責め地獄」 (c)東映

大きなサイズで見る(全3件)

「残酷!妖艶!大江戸エロス絵巻」メインビジュアル

「残酷!妖艶!大江戸エロス絵巻」メインビジュアル

1960年代後半から1970年代にかけて東映が京都撮影所で制作していた、ポルノと時代劇を組み合わせた“エロス時代劇”。本格的なセットを用いた時代劇に、笑いや風刺、エロスといった表現を詰め込んだ作風は、当時の日本映画界に新風を吹き込んだ。

「徳川女刑罰絵巻・牛裂きの刑」 (c)東映

「徳川女刑罰絵巻・牛裂きの刑」 (c)東映

この特集では、名匠・中島貞夫佐久間良子岸田今日子をキャストに迎えて1967年に発表した「大奥(秘)物語」をはじめ、強烈なエログロ描写で“異常性愛路線”を打ち出した石井輝男の「徳川女系図」「徳川いれずみ師 責め地獄」、石井の流れを汲む牧口雄二の「徳川女刑罰絵巻・牛裂きの刑」など計8作品を週替わりで紹介。そうそうたる監督たちのひと癖もふた癖もある“エロス絵巻”の数々を、この機会にスクリーンで観てみては。上映スケジュールは劇場公式サイトで確認しよう。

残酷!妖艶!大江戸エロス絵巻

2016年2月20日(土)~4月15日(金)東京都 ラピュタ阿佐ヶ谷
開映 21:00~
<上映作品>
「大奥(秘)物語」
「徳川女系図」
「徳川いれずみ師 責め地獄」
徳川セックス禁止令 色情大名
ポルノ時代劇 忘八武士道
「好色元禄(秘)物語」
「徳川女刑罰絵巻・牛裂きの刑」
「大奥浮世風呂」
料金:一般 1200円 / シニア・学生 1000円 / 会員 800円 / 3回券 2700円 
※水曜サービスデーは1000円均一
※18歳未満入場不可

この記事の画像(全3件)

関連記事

リンク

関連商品