映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ジバニャンが初日挨拶で「スター・ウォーニャンちゃらに負けないニャン!」宣言

101

「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」初日舞台挨拶の様子。

「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」初日舞台挨拶の様子。

本日12月19日、「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」の初日舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われ、声優を務めた長澤まさみ堀ちえみ博多華丸・大吉、小桜エツコ、「妖怪ウォッチ」の生みの親であるクリエイティブプロデューサーの日野晃博が登壇した。

舞台挨拶の冒頭では、観客たちが元気よく声をそろえてジバニャンを召喚。ステージに上がったジバニャンは「来たニャン! 来たニャン! オレっち来ちゃったニャン! みんな、映画は面白かったニャンかー?」とうれしそうに体を揺らしながら挨拶する。そして「『妖怪ウォッチ』が映画館を爆買いだニャン! 『スター・ウォーニャンちゃら』には負けられないニャン!」と、現在公開中の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」に言及して笑いを誘った。

続いて、ジバニャンに呼び込まれて本作の声優陣が登壇。「もし自分がなるとしたら、どんな妖怪がいいか?」というMCの質問に、エミちゃんの上司・千秋先輩役の堀は「私はCMでジバニャンになったので、すごく愛着が湧いてしまって! 世のお母さんたちにも紙袋でジバニャン(のコスチューム)を作って子供を喜ばせてほしい。私自身はかわいい妖怪になりたいな」と答える。

次に、生前のジバニャン(アカマル)の飼い主エミちゃん役の長澤が「大吉さんが『妖怪ウォッチ』の大ファンで、声優のみんなに合う妖怪を教えてくれたんです。私は大吉さんを“妖怪ソムリエ”って呼んでいて」と口にすると、客席から笑いが。それを受けて大吉は「長澤さんは普段おとなしい方というか、ちょっと暗いところがあるので、ホノボーノをリビングに置いてみたらどうですか?と言いましたね」と述べる。さらに華丸は「福岡県のよさを皆さんに伝えるのが使命だと思っていて。僕は世の中の醤油ラーメンを全部豚骨に変えます! “妖怪替え玉”か何かになろうかな。嫌がられるかもしれないけど」とにこやかに話し、それを受けて大吉は「僕らは福岡のことを言うしかありませんので。相方が豚骨なら、僕はすべての鍋にニラを投入するでしょうね。鍋をもつ鍋に変えるとか、そういう妖怪に」と淡々とコメントした。

このトークセッションでは、日野が「来年は実写かもしれません」と語り、観客の期待を煽る一幕も。最後にジバニャンが一言を求められると、ジバニャン役の小桜が代理で「笑って泣けるとってもいい作品になったニャン! ライバルはもはや『スター・ウォーニャンちゃら』じゃなく去年のオレっちたちニャン! 歴史を塗り替えるニャン!」と宣言し、舞台挨拶を締めた。

「妖怪ウォッチ」の劇場版第2弾にあたる「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」は全国ロードショー中。なお第3弾は2016年冬に公開される。

(c)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2015

映画ナタリーをフォロー