映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

長澤まさみ、博多華丸・大吉らゲスト声優が集結だニャン!「妖怪ウォッチ」完成披露

174

「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」完成披露舞台挨拶に登壇したゲスト声優たち。

「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」完成披露舞台挨拶に登壇したゲスト声優たち。

本日12月6日、「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」の完成披露舞台挨拶が東京・東京ドームシティホールにて行われ、声優を務めた長澤まさみ堀ちえみ博多華丸・大吉武田鉄矢、監督の高橋滋春、ウシロシンジが出席した。

本作は、2014年12月に公開された「映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」に続く劇場版第2弾。劇中で長澤は生前のジバニャン(アカマル)の飼い主エミちゃん、堀はエミちゃんの上司・千秋先輩、博多華丸・大吉はジバニャンたちの敵である猫きよと犬まろ、武田はサンタクロースの妖怪・巨大サンタにそれぞれ声を当てている。

舞台挨拶の開始前に、司会者が「ニャニャニャンと!『妖怪ウォッチ』の映画第3弾が公開されることに決まりました!」と発表すると、集まった子供たちは弾けんばかりの笑顔に。そして主要キャラクターの少年ケイタと、ドラマ「3年B組金八先生」の主人公・坂本金八をオマージュした“ニャンパチ先生”のコスチューム姿のジバニャンが現れ、息ぴったりのかけあいを披露して子供たちを喜ばせた。

続いてゲスト声優たちが登壇。長澤は「マネージャーに子供ができたので、その子が大きくなったら観てほしいな。エミちゃんというキャラクターには作っている人たちの強い思いが込められているので、大事に演じなきゃとも思いました」とコメント。堀は「うちの子供たちに(本作に出演することを)発表したら、ひっくり返るくらいびっくりしていました。劇場で観ようと思って、まだ彼らには内容は秘密にしています!」とにこやかに語る。

ネコの姿の妖怪を演じた華丸は「映画の中に、ジバニャンとの対決シーンがあるんですよ。皆さんの応援によっては僕が勝って、『映画 妖怪ウォッチ』第3弾の主役になるかもしれないです!」と堂々宣言。大吉は「僕は『妖怪ウォッチ』のゲームをやり込んでいて、買い物はもっぱらヨロズマートです。今回はジバニャンと友達になれるかと思って台本を読んでみたら、思いっきり敵なんですよね」と、苦笑いを浮かべながら話す。武田は「ジバニャンがトラックにひかれて死んだと知って、なんとなく昔の私に似ているなと思いました」と、かつて出演したドラマ「101回目のプロポーズ」に言及して大人たちの笑いを誘った後、「私は『妖怪ウォッチ』をあまり知らないもので、最初USAピョン(ウサピョン)の名前を“ユー・エス・エーピョン”って読んじゃったんですよ……。まだ研究が浅くて」と落ち着いた口調で述べ、会場を沸かせた。

終盤には、ジバニャンが「一緒に『ニャンですかー?』を言いたいニャン!」と、ファンにはおなじみのセリフでのコラボを、「金八先生」の主演である武田にお願いする一幕も。武田はこれを快諾し、「せっかくだから皆さんで言いませんか?」と提案する。会場の全員で「ニャンですかー?」と声をそろえると、ジバニャンは「オレっち一生忘れないニャン!」と大喜び。最後にジバニャンは「みんな! 公開したらもう1回お金を払って観に来てほしいニャン!」と茶目っ気たっぷりにメッセージを送り、舞台挨拶を締めた。

「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」は、12月19日より全国ロードショー。アニメ「スナック・ワールド」が同時上映される。また「映画 妖怪ウォッチ」第3弾は2016年冬に公開。

(c)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2015

映画ナタリーをフォロー