超特急が「サイドライン」舞台挨拶に仮装姿で登場、ゾンビ・アリス・人狼など

1018

超特急の初主演映画「サイドライン」の公開初日舞台挨拶が、本日10月31日、東京のユナイテッド・シネマ豊洲で行われた。

「サイドライン」初日舞台挨拶の様子。超特急のメンバーと、監督の福山桜子(右端)。

「サイドライン」初日舞台挨拶の様子。超特急のメンバーと、監督の福山桜子(右端)。

大きなサイズで見る(全47件)

「サイドライン」初日舞台挨拶の様子。

「サイドライン」初日舞台挨拶の様子。[拡大]

本日がハロウィン当日であることにちなみ、超特急のメンバーは仮装姿でステージに登場。リョウガはゾンビの囚人、コーイチはゾンビの警官、カイは宇宙飛行士、ユーキは死神、ユースケは海賊、タカシは「不思議の国のアリス」のアリスをモチーフとした格好に。タクヤの仮装は人狼がテーマであるものの、メルヘンチックな被りもののせいでメンバーから「かわいすぎて犬みたい!」と愛でられ、「もっと怖い感じになる予定だったんだけど……」と弁解。初日を迎えた感想については「ずっと『超特急の7人で映画に出る』というのが夢だったので、とてもうれしいです。僕たちの夢が詰まった映画をぜひ楽しんでほしいです」とさわやかに語った。

人狼に扮したタクヤ。

人狼に扮したタクヤ。[拡大]

司会との質疑応答になると、早速この日の仮装の話題へ。カイは「映画の中で、僕が演じた久能宇宙が宇宙飛行士を目指しているんです」と宇宙服を着た理由を明かし、タクヤから「夢叶ったじゃん!」と声をかけられる。ユースケは「ヒゲがちくちくするー!」と付けヒゲに苦戦しながらも「海賊王になった気分です!」と満足げな表情を浮かべ、黒を基調としたメイクと衣装で暗いイメージのユーキは、「公開初日を迎えられてめちゃくちゃハッピーです! この映画を通して全国の皆さんに勇気やパワーを与え、ハッピーにしていけたらと思います」とポジティブなメッセージを観客へ。

カイ(中央)を挟んでお互いをほめあうコーイチ(左)とリョウガ(右)。

カイ(中央)を挟んでお互いをほめあうコーイチ(左)とリョウガ(右)。[拡大]

リョウガは「映画を観終わって、みんな生き生きしていて血色がいいね! 僕もつられて血色がよくなっちゃいました!」とコメントし、カイから「いや、青白いよ!(笑)」とツッコミが。また“ゾンビ仲間”のリョウガとコーイチの「お前、顔色悪いなあ!」「お前の方こそ顔色悪いよ!」と“褒め合う”姿には、会場から爆笑が。さらにリョウガが「次はゾンビ映画をやりたい!」と提案すると福山桜子監督も「やろう、ゾンビ映画! 『サイドライン』続編のタイトルは『デッドライン』ね(笑)」とノリノリで返答し、これにはメンバーも大喜びの様子であった。

アリスに扮したタカシ。

アリスに扮したタカシ。[拡大]

7人の中で唯一女装をし、8号車(ファンの総称)のざわめきを集めたのはタカシ。会場の「かわいい!」という声に「恥ずかしくてあまり前を見られない……」と照れっぱなしだったが、「ポップコーンを食べるひまもないくらい面白くて、がんばる力をもらえる作品です。ぜひ劇場へ超特急に会いに来てください!」ときっちり作品のPRを務めた。

「サイドライン」は、バラバラの人生を歩んでいた幼なじみの青年7人が1人の少女のために団結し、チアリーディングで奇跡を起こしていく姿を追った青春映画。本日10月31日より、東京のユナイテッド・シネマ豊洲ほか全国で上映中。

この記事の画像(全47件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

超特急のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 サイドライン / 超特急 / 福山桜子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。