映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「セーラー服と機関銃」の橋本環奈、始球式で“カ・イ・カ・ン”ピッチング

119

「福岡ソフトバンクホークス対千葉ロッテマリーンズ」の始球式に登場した橋本環奈。

「福岡ソフトバンクホークス対千葉ロッテマリーンズ」の始球式に登場した橋本環奈。

セーラー服と機関銃 -卒業-」で映画初主演を果たす橋本環奈が、本日10月14日に福岡・ヤフオクドームにて行われたプロ野球公式戦「福岡ソフトバンクホークス対千葉ロッテマリーンズ」の始球式に登場した。

劇中衣装のセーラー服姿でマウンドに現れた橋本。公の場でこの衣装を披露するのは今回が初となる。地元・福岡の3万7360人の観客が声援を送る中、橋本が投げた球はノーバウンドでキャッチャーミットへ吸い込まれた。

始球式を終えた橋本は、「緊張で心臓が飛び出そうでしたが、無事ノーバウンドで届いて、“カ・イ・カ・ン”でした!」と「セーラー服と機関銃」の代名詞と言えるセリフを用いてコメント。さらに「ホークスの勝利と映画の大ヒットへの手応えを感じます」と自信を覗かせる。実際に試合は3対2でホークスがサヨナラ勝ちを収め、橋本は勝利の女神に輝いた。

「セーラー服と機関銃 -卒業-」は、赤川次郎の小説を原作とした1981年の「セーラー服と機関銃」のその後を描く作品。「夫婦フーフー日記」の前田弘二が監督を、「そこのみにて光輝く」の高田亮が脚本を手がけ、橋本は前作で薬師丸ひろこが演じた女子高生組長・星泉に扮している。2016年3月5日より全国ロードショー。

映画ナタリーをフォロー