映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「テラスハウス」新作がNetflixにて今秋配信、全世界から新たな住人を募集中

86

フジテレビが動画配信サービスNetflixでの配信へ向けたオリジナルコンテンツとして、「テラスハウス」の新作「TERRACE HOUSE NEW SEASON COMING(仮)」と連続ドラマ「アンダーウェア」を制作することを発表した。

フジテレビ系列にて2012年から約2年間放送された「テラスハウス」は、シェアハウスで同居する男女6人の生活を映し出すリアリティショー。2015年2月には劇場版「テラスハウス クロージング・ドア」も公開された。なお新作の製作決定にあたり、本日6月17日より、番組公式サイトにて全世界を対象に新たな住人の募集も開始されている。

また「アンダーウェア」は全13話からなるオリジナルドラマ。華やかな下着メーカーを舞台に、1人の働く女性の姿を爽やかに描く青春物語だ。

両作品とも、今秋Netflixが日本でのサービスを開始すると同時に独占先行の形で配信される。その後地上波での放送に加え、フジテレビの動画・コミック配信サービス「FOD・フジテレビオンデマンド」にて配信予定。

グレッグ・ピーターズ(Netflix代表取締役社長)コメント

Netflixは、この秋に日本でのサービスを開始いたします。日本の皆さまに私たちのサービスを楽しんでいただくために日本のコンテンツはとても重要だと考えており、今回、特に若者から支持のあるコンテンツ制作に定評のあるフジテレビと日本での第1弾の取り組みが出来たことを大変にうれしく思っています。私たちは「素晴らしいストーリーが世界をつなぐ」というビジョンを信じ、素晴らしいコンテンツ制作に力を注ぎ続けています。今回のプロジェクトを機に、日本の素晴らしいコンテンツを今後も日本と世界のお客様に向けて発信していきたいと思います。

大多亮(フジテレビ常務取締役)コメント

今回、Netflixのローンチ時に、日本で初めてオリジナル作品を制作・供給することになりました。今後のテレビビジネスを考える上でも、意義がある試みと捉え制作に踏み切りました。私共は、インフラやデバイスは進化しても、最後はソフト制作能力の高さが最も重要なファクターであると考えております。この2作品をきっかけに、強い制作力を世界中に示していければと思っております。Netflixは「ハウス・オブ・カード 野望の階段」をはじめ、積極的にオリジナル作品を次々と制作しており、ソフトに対する考え方や取り組みで共感できる部分がたくさんあったことも、今回のプロジェクトを決めた理由の一つです。

映画ナタリーをフォロー