映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

細田守「子供時代を彩る思い出を作りたい」と語る、「バケモノの子」完成披露会見

149

「バケモノの子」完成披露会見の様子。左から齋藤優一郎、細田守、広瀬すず、染谷将太、役所広司、宮崎あおい、大泉洋、リリー・フランキー。

「バケモノの子」完成披露会見の様子。左から齋藤優一郎、細田守、広瀬すず、染谷将太、役所広司、宮崎あおい、大泉洋、リリー・フランキー。

デジモンアドベンチャー/ぼくらのウォーゲーム!」「おおかみこどもの雨と雪」で知られる細田守の監督最新作「バケモノの子」の完成披露会見が、本日6月15日に東京・東京国際フォーラムにて行われ、主要キャストの役所広司宮崎あおい染谷将太広瀬すず大泉洋リリー・フランキー、プロデューサーの齋藤優一郎、監督の細田が登壇した。

「バケモノの子」は、バケモノと少年の奇妙な師弟関係を軸にした冒険活劇。バケモノたちの棲む異世界“渋天街(じゅうてんがい)”と渋谷を舞台に、家族の絆や淡い恋模様を描く。渋天街で一二を争うバケモノ、熊徹を役所が、身寄りがなく嫌々ながら彼の弟子となった九太の少年期を宮崎が、青年期を染谷が演じる。

作品を観た感想を聞かれた役所は「熊徹、ちゃんとセリフ言えるのかなと緊張しました」とコメント。「熊鉄がしゃべる最後のセリフが聞こえたときは本当にドキドキしました。初めての体験でした」と振り返った。同じ質問に対して宮崎は「しばらくはちゃんとできてるか不安で緊張していたんですが、染谷くんとバトンタッチした後はすごいリラックスして、『いい映画だな』と思いながら観ることができました」と冗談交じりに返答。対して染谷は「少年期まではワクワクしながら観ていたんですが、青年期からは本当に不安で……」と語り、共演者たちの笑いを誘った。

「時をかける少女」「サマーウォーズ」など、入道雲が登場する作品を多く手がけてきた細田。そのことについて「入道雲というのは小さい雲がもくもくもくと大きくなっていくんですね。それによって物語の登場人物の成長を象徴しているんです」と説明する。また過去作の多くが夏休みに公開されていることに関して「夏休みにアニメ映画を観るということは子供にとってすごい重要なことだと思うんです。僕自身もそうですが、そのときに観た作品というのは単に面白かったというだけでなく、子供時代を彩る思い出になっています」と告白する。

本作で師匠と弟子の物語を選んだ理由を問われた細田は「私事なのですが『おおかみこどもの雨と雪』を制作したあとに子供が生まれたんです。そのときに子供は誰が育てていくんだろう、どうやって大きくなるんだろうと考えたんです」と自身の環境の変化を語る。続けて「本当の父親だけじゃなくて、先生や近所の大人、同級生などいろんな形をとった父親たちがたくさんいて、そういうたくさんいる父親たちが子供を育てていくんだと考えるようになりました」と制作の経緯を明かした。

「バケモノの子」は7月11日より全国ロードショー。

映画ナタリーをフォロー