映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「シュヴァンクマイエル映画祭」渋谷で再び、レアな短編の上映も

88

「アリス」(c)CONDOR FEATURES.Zurich/Switzerland.1988

「アリス」(c)CONDOR FEATURES.Zurich/Switzerland.1988

5月23日から6月26日にかけて「シュヴァンクマイエル映画祭2015」が東京のシアター・イメージフォーラムにて行われる。

「シュヴァンクマイエル映画祭2015」は、「アリス」「悦楽共犯者」などシュールかつグロテスクな作風で知られるチェコの映像作家、ヤン・シュヴァンクマイエルの作品を集めた上映イベント。今年2月にシアーター・イメージフォーラムにてスタートし、大阪、京都、神戸などの主要都市を巡回した後に再び同館へと戻り、アンコール上映が開催される運びとなった。

ラインナップは長編デビュー作の「アリス」、2001年度のピルゼン映画祭にてグランプリを獲得した「オテサーネク 妄想の子供」、実写とコラージュの融合作品「サヴァイヴィング ライフ -夢は第二の人生-」の長編3本と、シュヴァンクマイエルが過去に携わった舞台「魔法のサーカス」からの貴重な映像を含む20本の短編。これらは6つのプログラムに分けられ、日替わりでレイトショー上映される。

シュヴァンクマイエル映画祭2015

2015年5月23日(土)~6月26日(金)東京都 シアター・イメージフォーラム
開映 21:00
<上映プログラム>
A「アリス」
B「オテサーネク 妄想の子供」
C「サヴァイヴィング ライフ -夢は第二の人生-」
D「ドン・ファン」ほか短編集
E「ジャバウォッキー」ほか短編集
F「対話の可能性」ほか短編集
料金:前売り3回券3000円 / 当日券1500円(学生、シニア、会員割引あり)

映画ナタリーをフォロー