映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

乃木坂46初のドキュメンタリーが公開延期、タイトルは「悲しみの忘れ方」

153

5月に公開を予定していた乃木坂46初のドキュメンタリー映画の公開日が、7月10日に延期されることとなった。

延期の理由について配給会社の東宝は「新たに追加取材したい人たちがおり、今なお撮影も続けていることから、関係各社と協議した結果、作品のクオリティーをより高めてほしいとの願いをこめて、公開の延期を決定いたしました」とコメントしている。

同時にこの映画のタイトルが「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」に決定。また監督は丸山健志が務めることも発表された。乃木坂46のMVをファーストシングルから10作連続で手がけてきた丸山が、今回は彼女たちの舞台裏の姿に迫る。映画の中ではメンバーに密着インタビューを敢行し、それぞれの幼少時代やオーディションに応募した理由にも言及。さらにメンバーの母親にも取材を行っているとのことだ。

2011年に“AKB48の公式ライバル”として大々的にデビューして以来、彼女たちが感じてきたプレッシャーや抱いてきた夢が初めて明かされるこの映画。ファンは公開を楽しみに待とう。

映画ナタリーをフォロー