映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

金子ノブアキ「セッション」の魅力熱弁「J・K・シモンズは文句なし」

46

「セッション」について語る金子ノブアキ。

「セッション」について語る金子ノブアキ。

金子ノブアキRIZE)が、昨日3月31日に東京・ブロードメディア試写室で行われた「セッション」のトークショー付き試写会に出演。同作の魅力を約30分にわたって熱弁した。

4月17日に日本公開される「セッション」は、デイミアン・チャゼルが監督および脚本を務めた作品で、ジャズドラマーを目指す青年アンドリュー・ニーマンと、彼が師事する指揮者フレッチャーとの壮絶なセッションの模様を描いた音楽映画。フレッチャーを演じたJ・K・シモンズは同作での演技が評価され、第87回アカデミー賞で助演男優賞を受賞している。

俳優とドラマーという2つの肩書きを持つ金子は「美談で終わるのかと思いきや最後がすごい展開で」とスリリングな映画のストーリーについて言及し、「俺も映画の中に出てくるような悪夢を見るんですよ。すごい準備してライブに臨んだのに違う曲が始まるとか。ハイハットの位置が届かないところにあったり……」と自身の悪夢を振り返る。劇中で鬼気迫るプレイを見せるニーマンを演じたマイルズ・テラーについては「映画のために訓練したみたいですね。超カッコいい」と絶賛した。狂気を感じさせるJ・K・シモンズの鬼教師ぶりにも感化されたようで、「文句なしですね。だって映画を観て、僕がスタジオに直行しちゃうくらいですから!」と笑った。

さらにトークの話題はドラマーでもあった父ジョニー吉長にもおよび、金子は「身長も体重もそっくりで、父モデルのスティックを使ってるんです」「僕の師匠は父だと思います」としみじみと述べた。また来場者の質問に答えるコーナーも設けられ、「ドラムと彼女のどちらかを選ばなくちゃいけないときはどうしますか?」と聞かれた金子は「彼女のほうが大事です!」と断言したのち、「いや……別物なので選べません。でもこれから都合が悪かったらドラムに逃げようかな」と茶目っ気たっぷりに語った。

なお金子は本日4月1日に新曲「The Sun」を配信シングルとしてリリース。4月23日には東京・WWWにてソロとしては初のライブを行う。

映画ナタリーをフォロー