《シネマ歌舞伎》身替座禅

シネマカブキミガワリザゼン

2010年5月1日(土)公開 / 上映時間:62分 / 製作:2010年(日本) / 配給:松竹

(C)松竹株式会社

解説 中村勘三郎が主演した“歌舞伎座さよなら公演“の舞踏劇がシネマ歌舞伎に。勘三郎扮する大名・山蔭右京が、奥方玉の井に隠れて恋人に会いに行くが、玉の井にバレてしまったことに気づかず千鳥足で戻り……。ユーモア溢れる狂言歌舞伎で、奥方を坂東三津五郎が、夫婦に振り回される太郎冠者を市川染五郎が妙演する。『蜘蛛の拍子舞』と2本立てで上映。

ストーリー 大名の山蔭右京は、妻の玉の井に隠れて遊女に会いに行くため、座禅の行をすると嘘をつく。太郎冠者を身替りに遊女の元へ向かうが、心配した玉の井が見舞いに訪れて嘘がばれてしまう。太郎冠者の代わりに衾(布団)を被って待つ玉の井の元に、右京が千鳥足で戻り……。

情報提供:ぴあ