映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

大和屋竺

ヤマトヤアツシ

1962年、日活入社。1966年、同社退社後、若松プロ作品「裏切りの季節」で監督デビュー。その後、鈴木清順らの脚本グループ“具流八郎”の一員となり、脚本家に。主な作品は「八月の濡れた砂」(1971)「悲愁物語」(1977)「ドグラ・マグラ」(1988)など。

(C) PIA

大和屋竺のニュース

映画ナタリーをフォロー