小中和哉

コナカカズヤ

子供の頃から8ミリ映画を作り、初の16ミリ作品「星空のむこうの国」(1986)で広くその名を知られた。一貫してファンタジーやSF志向の作品を作り続けている。

関連する画像