コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「金田一」高遠との対決描く黒魔術殺人事件がアニメ化

195

天樹征丸原作によるさとうふみや「金田一少年の事件簿」の一編「黒魔術殺人事件」が、アニメ化されることが決定した。前後編のオリジナルアニメDVDとして、単行本「金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ」3・4巻の限定版に付属する。

「黒魔術殺人事件」は2008年に週刊少年マガジン(講談社)で連載された、主人公・金田一一と宿敵・高遠遙一の対決を描くエピソード。軽井沢の洋館を舞台に、死を想起させる呪いの人形に見立てた殺人が行われていく。

主要キャストはそれぞれ、TVアニメ版と同じメンバーが担当。金田一役を松野太紀、七瀬美雪役を中川亜紀子、剣持勇役を小杉十郎太、高遠役を小野健一が務める。公式サイトには、松野と中川からアニメ化と連載20周年を祝うコメントが寄せられた。このほかスタッフは監督を小村敏明、シナリオを村山功、キャラクターデザインを浅沼昭弘、制作を東映アニメーションが担当する。

「金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ」の3巻は12月17日に、4巻は2013年3月15日にリリース。ともに3280円で販売される。

関連する特集記事

ニコ×ナタ(コミック)4月号 「金田一少年の事件簿」&「超会議」特集PR

コミックナタリーをフォロー