コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

安野モヨコらが当時を語る岡崎京子「ヘルタースケルター」

80

本日8月8日に発売されたフィール・ヤング9月号(祥伝社)には、岡崎京子「ヘルタースケルター」の特集記事が掲載されている。

記事には「ヘルタースケルター」連載開始時や、2002年8月号からの再掲載時に、読者から寄せられた感想を掲載。また連載時、実際に作画を手伝っていたアシスタントが当時の様子を語るコメントも収載されている。岡崎は仕事が終わった後、スクリーントーンを片付けながら「トーンを片付けているとひと仕事終わった気がするにゃ~」と言っていた、といった当時を語る貴重なエピソードが綴られた。

また「ヘルタースケルター」と同時期に「ハッピーマニア」を連載していた安野モヨコのコメントも。高校時代から岡崎のアシスタントをしていた安野は、誕生日にひとり原稿を描いていたら、岡崎がケーキを持って訪れ激励したという出来事などを語っている。読者と関係者の声で綴る「ヘルタースケルター」特集、ファンはぜひご一読を。

関連する特集記事

映画「ヘルタースケルター」岡崎京子担当編集・吉田朗と蜷川実花監督インタビューPR

コミックナタリーをフォロー