「サイボーグ009」オリジナル読み切り小説集、アニメ脚本家・辻真先が最終回をリメイク

15

152

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 64 67
  • 21 シェア

石ノ森章太郎「サイボーグ009」を原作とした読み切り小説集「サイボーグ009トリビュート」が、本日7月8日に発売された。

「サイボーグ009トリビュート」

「サイボーグ009トリビュート」

大きなサイズで見る

「サイボーグ009」の誕生60周年を記念して刊行されるこの小説集。辻真先、斜線堂有紀、高野史緒、酉島伝法、池澤春菜、長谷敏司、斧田小夜、藤井太洋、円城塔がそれぞれ「サイボーグ009」の小説を書き下ろした。1968年放送の「サイボーグ009」TVシリーズ第1作でメイン脚本家を務めた辻は、第1作の中でも名エピソードとして知られる最終回「平和の戦士は死なず」を、自らの手でリメイクする。また「地下帝国“ヨミ”編」の後日譚、故郷に帰郷する001=イワン・ウイスキーの物語などが収録された。

この記事の画像(全1件)

「サイボーグ009トリビュート」収録作品

辻真先「平和の戦士は死なず」
斜線堂有紀「アプローズ、アプローズ」
高野史緒「孤独な耳」
酉島伝法「八つの部屋」
池澤春菜「アルテミス・コーリング」
長谷敏司「wash」
斧田小夜「食火炭」
藤井太洋「海はどこにでも」
円城塔「クーブラ・カーン」

全文を表示
(c)石森プロ

読者の反応

geek@akibablog @akibablog

「サイボーグ009」オリジナル読み切り小説集、アニメ脚本家・辻真先が最終回をリメイク
https://t.co/TjiIcZgn0s

コメントを読む(15件)

石ノ森章太郎のほかの記事

リンク

関連商品

あなたにおすすめの記事

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 石ノ森章太郎 / 池澤春菜 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。