ヤマシタトモコ「違国日記」TVアニメ化 構成・脚本は喜安浩平、アニメ制作は朱夏

68

2479

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 908 1541
  • 30 シェア

ヤマシタトモコ「違国日記」のTVアニメ化が決定。合わせてメインスタッフ、ティザービジュアル、ティザーPVが公開された。

TVアニメ「違国日記」ティザービジュアル

TVアニメ「違国日記」ティザービジュアル

大きなサイズで見る(全4件)

「違国日記」は人見知りな小説家・高代槙生と、その姪で両親を事故でなくした少女・田汲朝による“年の差同居譚”。フィール・ヤング(祥伝社)で2017年7月号より連載され、2023年7月号で完結を迎えた。単行本は全11巻が刊行中。「マンガ大賞2019」第4位、「このマンガがすごい!2024」オンナ編第5位、ダ・ヴィンチのブックランキング企画「BOOK OF THE YEAR 2023」コミックランキング第1位などを獲得した。また新垣結衣主演の実写映画が、6月7日に公開を控えている。

監督を務めるのは大城美幸。構成・脚本を喜安浩平、キャラクターデザインを羽山賢二、音楽を牛尾憲輔が担当し、アニメーション制作は「夏目友人帳」シリーズなどの朱夏が手がける。

ティザービジュアルには、原作1話の印象的なモノローグである「ちがう国の女王の王座のかたすみで眠る」とともに、暗い部屋の中、パソコンに向かい執筆に没頭する槙生と、布団に入りながらスマホを使う朝の姿を描写。2人の同居生活の一幕が垣間見えるビジュアルに仕上げられた。

今回の発表に伴い、ヤマシタは「私がこの世で一番驚いていますがなんとアニメになります」とコメント。放送時期やキャストについては、続報を待とう。

アニメ作品情報

TVアニメ「違国日記」ティザーPV

ヤマシタトモコ(原作)コメント

私がこの世で一番驚いていますがなんとアニメになります。

この記事の画像・動画(全4件)

TVアニメ「違国日記」

スタッフ

原作:ヤマシタトモコ「違国日記」(祥伝社 FEEL COMICS)
監督:大城美幸
構成・脚本:喜安浩平
キャラクターデザイン:羽山賢二
音楽:牛尾憲輔
アニメーション制作:朱夏

全文を表示
(c)ヤマシタトモコ・祥伝社/アニメ「違国日記」製作委員会

読者の反応

geek@akibablog @akibablog

ヤマシタトモコ「違国日記」TVアニメ化 構成・脚本は喜安浩平、アニメ制作は朱夏
https://t.co/jIJvR8DwGP

コメントを読む(68件)

関連記事

ヤマシタトモコのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 ヤマシタトモコ / 喜安浩平 / 新垣結衣 / agraph の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。