コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

新アニメ「輪廻のラグランジェ」コミカライズがヤンガンで

16

本日9月2日に発売されたヤングガンガン18号(スクウェア・エニックス)にて、2012年に放送されるオリジナルTVアニメ「輪廻のラグランジェ」のコミカライズ「輪廻のラグランジェ~暁月のメモリア~」がスタートした。作画を手がけるのは吉岡公威

「輪廻のラグランジェ」は千葉県・鴨川が舞台。「困っていることがあったら、助っ人しちゃう」が売りの「ジャージ部」として活動する女子・京乃まどかを主人公とした新作アニメだ。「機動戦艦ナデシコ」の佐藤竜雄が総監督を、鈴木利正が監督を、菅正太郎がシリーズ構成・脚本を、森沢晴行がキャラクター原案を務める。

ヤングガンガンでのコミカライズ作「輪廻のラグランジェ~暁月のメモリア~」は、菅正太郎書き下ろしのアナザーストーリー。イゾ、キリウス、アレイの3人がなぜ千葉・鴨川にやってきたのか、その発端となる女性との出会いから物語が始まる。10月25日に発売されるビッグガンガン創刊号(スクウェア・エニックス)にて、本編のコミカライズもスタートする予定だ。

なお9月16日に発売される次号ヤングガンガン19号では、「DARKER THAN BLACK」「いばらの王」で知られる岩原裕二の新連載「DimensionW」がスタートする。久々のオリジナルとなる新作、ファンは楽しみにしていよう。

コミックナタリーをフォロー