コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「宇宙兄弟」のイラスト&写真が本物のシャトルで宇宙へ

107

本日7月9日午前0時29分(米東部時間7月8日午前11時29分)に打ち上げが成功したスペースシャトル・アトランティス号には、小山宙哉原作の映画「宇宙兄弟」の写真2枚と小山直筆によるムッタのイラストが搭載されている。

アトランティス号はこのミッションをもって退役することが決定しているとともに、1981年4月12日の初飛行以来30年に及んだスペースシャトル計画における最後のフライトとなる。これまでミッションと直接関係のないものを積むことは許されなかったが、2009年のISS「きぼう」日本実験棟完成を契機に、宇宙の民間利用がスタート。アトランティス号の僅かなスペースにムッタとヒビトの“搭乗”が許可された。

これは映画「宇宙兄弟」が宇宙飛行士という存在を身近に感じさせ、かつ夢のある壮大なドラマである点が認められたため。この試みに携わった、宇宙利用を進めるラグランジェ社の担当者は「震災の影響が色濃く残る中、最後のスペースシャトルに夢を乗せて打ち上げたかった」とコメントした。

7月1日にクランクアップした映画「宇宙兄弟」の写真は、撮影現場で撮られた最新カット。イラストと写真は42年前に人類初の有人月面着陸が成功した、7月20日に帰還する予定だ。マンガ「宇宙兄弟」はモーニング(講談社)にて連載中。映画は2012年春の公開を控えている。

小栗旬コメント

(写真とは言え)“兄弟で宇宙へ行く”という夢が叶って嬉しく思います。最後のスペースシャトルが無事に帰還することを祈っています。

岡田将生コメント

いつか本当に僕らが宇宙に行ける日が来るかもしれない、と思いながら空を見上げたいと思います。

※記事初出時、本文中の表現に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

コミックナタリーをフォロー