コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

大和田秀樹、ニーチェ×ニートの哲学ギャグ新連載スタート

86

本日5月2日に発売されたビジネスジャンプ11号(集英社)にて、「ムダヅモ無き改革」で知られる大和田秀樹の新連載「となりのツァラトゥストラさん」がスタートした。

「となりのツァラトゥストラさん」は、引きこもりの寿寅(ストラ)がニート生活中に思索し蓄えた英知を説いていく哲学的ギャグマンガ。「永劫回帰」「神は死んだ」など、ニーチェの思想を独自に解釈する寿寅を描く。

ほかにも今号では、インタビュー連載「日本の声が聞こえる」がスタート。第1回ではちばてつやが登場した。また魚乃目三太の読み切り「日ノ丸食堂」が掲載されている。

なお5月18日に発売される次号ビジネスジャンプ12号では、加藤友朗原作による安藤慈朗の新連載「GUY~移植病棟24時~」がスタート。巻頭カラーで登場する予定だ。

コミックナタリーをフォロー