言葉が“獣”に見える少女と詩が好きな同級生のファンタジー、鯨庭「言葉の獣」1巻

8

425

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 109 286
  • 30 シェア

鯨庭「言葉の獣」の1巻が、本日5月7日に発売された。

「言葉の獣」1巻

「言葉の獣」1巻

大きなサイズで見る

「言葉の獣」は、言葉を獣の姿で見ることができる共感覚の持ち主・東雲と、詩に強い関心を持つクラスメイト・やっけんを主人公に描かれる、言葉と詩を巡るファンタジー。ふとしたきっかけから言葉を交わすようになった2人は、東雲の持つ“ある目的”のために協力し合うことを決める。東雲が見ることができる獣たちは、“生息地”と呼ばれる場所に棲んでおり、言葉の解釈によって異なる姿を持つ。その場所で、2人はさまざまな獣に出会い……。「ばかな鬼」「千の夏と夢」で知られる鯨庭の初長編連載作品として、トーチwebで連載されている。

この記事の画像(全1件)

読者の反応

  • 8

. @jyd2j

仝 / 鯨庭「言葉の獣」の1巻が、本日5月7日に発売された。 言葉が“獣”に見える少女と詩が好きな同級生のファンタジー、鯨庭「言葉の獣」1巻 https://t.co/4096BWKHXA - ナタリー https://t.co/BUC8OmWetC

コメントを読む(8件)

関連記事

リンク

関連商品

あなたにおすすめの記事

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。