真造圭伍、平屋をもらったフリーターを描く「ひらやすみ」がスピリッツで始動

92

真造圭伍の新連載「ひらやすみ」が、本日4月26日発売の週刊ビッグコミックスピリッツ21・22合併号(小学館)でスタートした。

「ひらやすみ」より。

「ひらやすみ」より。

大きなサイズで見る(全7件)

「ひらやすみ」の主人公は、29歳の自由気ままなフリーター・生田ヒロト。貧乏生活を送る彼は週に2回、近所のおばあちゃん・和田はなえの家に行って夕飯をご馳走になっている。ところがある日、おばあちゃんは心筋梗塞でポックリ亡くなってしまい、ヒロトは一軒家の平家をタダで譲り受けることになった。その家でヒロトは、この春から大学に通うため山形から上京してきた従姉妹のなつみと2人暮らしを始め……。なお発売中のBRUTUS937号(マガジンハウス)には、「ひらやすみ」の前日譚にあたるフルカラー描き下ろし読み切りが掲載されており、真造と西村ツチカによる対談も掲載されている。

また週刊ビッグコミックスピリッツ21・22合併号では同誌の創刊40周年を記念し、柴門ふみ「BACK TO THE ASUNARO-『あすなろ白書』特別編-」を掲載。2021年、掛居となるみの娘・あすなろがひょんなことから平成初頭へタイムスリップしてしまうことから物語が動き出す。なお柴門からは、「あすなろ白書」特別編の執筆に寄せてコメントも到着した。

柴門ふみコメント

今回「スピリッツ」創刊40周年のお祝いに「あすなろ白書」特別編を描かせていただきました。今ドキの若者が、平成初頭の熱いレンアイを見たらどんな感想を持つのかな? そんな発想からストーリーを作ってみました。
連載当時の「あすなろ白書」を知らない方も、ドラマの「あすなろ白書」しか知らない方も、令和女子大生・アスの視点で楽しんでいただければ、と思います。

この記事の画像(全7件)

関連記事

真造圭伍のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 真造圭伍 / 柴門ふみ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。