海野つなみの読切がシリーズ連載化、なじみのカフェでおしゃべりする仲の3人を描く

142

海野つなみの新連載「スプートニク」が、本日4月8日発売のフィール・ヤング5月号(祥伝社)でスタートした。

海野つなみ「スピートニク」の扉ページ。

海野つなみ「スピートニク」の扉ページ。

大きなサイズで見る(全11件)

フィール・ヤング2017年11月号に読み切りとして掲載され、このたびシリーズ連載化を果たした「スプートニク」。同じ会社の上司と部下だった汐路と浅利、そして汐路の弟・渡は、カフェバー「スプートニク」に集まってはのんきにグダグダおしゃべりをする仲だった。ところが2020年の新型コロナウイルス感染拡大により「スプートニク」は休業。3人はたまにSNSで話すのみだったが、人がいないところでの“遠隔花見”だったらと久しぶりに会うことになり……。また今号には乃原美隆「駄々」、青化「リチャード」といった読み切り2本も掲載された。

この記事の画像(全11件)

関連記事

海野つなみのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 海野つなみ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。